スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

F1始まってた!(笑)マレーシアGP雑感 

すっかりF1もシーズンインしてましたね(笑)
開幕戦バーレーンは只々眠気を誘うレース。
オーストラリアは、天候と言うスパイスが利いた内容でした。

そして迎えた第三戦、マレーシア。
予選では、昨年と同じどうしようも無く馬鹿馬鹿しいミス。
フェラーリは昨年も天候を読めずに・・・・。
君達は、PCとモニターがお友達なんですか?
天候なんぞ、外へ出て、空を見上げれば分る事だよ?
尤も、バトンはタイムは出してたんだけどねぇ・・・・・。

ま、そんなこんなで決勝は面白いんだろうと期待したら、
それなりに楽しめましたね。


アロンソはギヤボックスが壊れたのかな?
よくあれで、あのタイムで走れたもんです。
最後は抜きに行かなければ、9位入賞だったかもしれませんね。
インに飛び込む瞬間に、右の排気管辺りから金属片の様なものが飛び散りました。
半ば諦め気味に飛び込んで行って、シフトダウンとエンジン回転が合わなかったのか、
あそこでエンジンが根を上げたんでしょう。

しかし、アロンソも人間的に成長したねぇ・・・。
オーストラリアでも流石の走りでしたもの。
マクラーレンでの一件以来、人が変わった様に見えます。
対して、マッサ君はやっぱり変わり映えしないなぁ・・・・・。
個人的には、キミ&アロンソのが良かったんじゃ?と今でも思う。
最速&最強コンビが見たかったな。


そして、ヴェッテル君。
ようやく初ポイントですな。(笑)
ウェーバーはスタートで譲ったのか、単に失敗したのか・・・。
もしトップを死守してたら、ウィナーは彼だったかも知れませんね。

で、ロスベルグ。
更に鼻高々な事でしょうね。
シューミの前を走る事だけに必死になってる様に見えて仕方が無いんだが、
その鼻、いつまで持つかね?
或いは、そんな小さい世界で何やってんの?と思う。

クビサはきっちり仕事をしましたね。
尤も、前戦と言い、本来その前には4台程居ただろうと言う気はしますが・・・。
ルノーの出来栄えは、4強の下、ザウバーの上・・・ってトコでしょうか。
クビサの頑張りが非常に見えた結果では有りますが。

意外にやるじゃねぇかだったのが、
アイネ・クライネ・ナハトムジーク・・・・いやアイメ・アルグエルスアリ君。
ともう一人、ボルシチ君・・・・いやペトロフ君。

ボルシチ君は、只のビッグマウスだと思ってたけども、それなりにはやるようですね。
ナハトムジーク君、良く今年は残れたな思ったけど、流石に学習はしてるようだ。(笑)
二人とも、うるさ方をしっかり封じ込めてたね。
(尤も単にミラー見てない疑惑・・・笑)
ま、昨年までのレースだったら瞬殺の可能性はあったけども。


あとは誰が・・・・・。
しかし、バニえもんがリバースグリッドにすれば盛り上がる・・・・
とか思ってないかが心配では有る。








最後に、ロータス。
それは何年前の車(デザイン)かね?
F4とかFCJのがカッコ良いぞ(笑)
[ 2010/04/06 07:48 ] F1&琢磨 | TB(0) | CM(1)

琢磨かカズキか・・・なのかねぇ? 

琢磨のルノー入りの噂が出てから、静まり返ってますね。
椅子取り合戦のライバルだったニックは諦めた模様。
新代表傘下のマネジメントドライバーはリザーブに。
こうなれば琢磨が筆頭になってもおかしくなかったのに、
ここへ来てロシアマネーの若造が頭角を・・・・・。




ヴィタリー・ペトロフ。


昨季のGP2ではウィリアムズからデビューするニコ・フルケンベルクに次ぐ2位。
と言う実力を評価・・・・・・・されてるのか?

一昨年のチャンピオン、ロマン君は箸にも棒にも・・・・でしたが?
ランキング下位のカムイ君はF1にポンと乗って強烈なインパクトを与えたね。
今やGP2の成績なんてF1に上がるには関係無いんじゃないの?


結局、このロシア人に期待してるのは、その後ろに控えている

ロシアンマニー

でしょ?
一説では日本円で19億とか・・・・・。
ちなみに、某ドライバーがカンポスやUSF1と交渉した際に、
5億近くの金額を要求されたと言う。
それにロシアと言えば、バニえもん爺さんがオイルマネーに次ぐ新興市場として
盛んに動いている国でも有りますね。
コイツは間違い無くF1には来るでしょうね。
実力は知りませんが、政治的に必ず来るでしょう。

マネー目当てだったら、ルノーじゃなくてもカンポスやUSでも良いんじゃないのかね?
USF1にロシア人は無い?(笑)
じゃあカンポスは?
カンポス・・・・・・・ホントに参戦出来るのか?
意図的に参加出来ない方向に向けられてないかい?
その陰にはステファンGPも見え隠れします。
バニえもん爺さんも何やら懐疑的。
そして参戦枠が無いのに余裕の構えのステファンGP。
さて何か仕組まれているのでしょうか?
そしてステファンと言えば、元トヨタF1の2010年モデルをそのまま買い取ったチーム。
何やら「大人の事情」が一杯見えて来ますな。

そうなると、ふたつのトヨタ置き土産の残りひとつ(1個はカムイ)
カズキがここで出てくる訳だ。
トヨタは恐らく、車と同時にカズキもくっ付けたはず。
涙ながらに何とか二人を残したいって言った位だしね(笑)














・・・・・・って事は、
ルノーに琢磨が乗れたとすると、ペトロフは恐らく必然的にカンポスへ?
そうするとカンポスは参戦の目処が立つ訳で・・・。
そうなるとステファンは?噂通りに一年間テスト三昧?
或いはUSF1が落ちる?
カズキは日本へ・・・・・・?
まさかまさかの参戦枠拡大で、日本人三人?

逆にペトロフがルノーに収まると・・・・
カンポスはやっぱり駄目でした・・・と。
で、晴れてステファンGPが参戦枠確保・・・と。
そこにはカズキが・・・・と。
日本人は二人で十分・・・・・と。
ロシア人も乗れたね・・・・・・と。





さて、どちらがリアルな状況でしょうか・・・・と(笑)


琢磨側は本当に静かですね。
ロータスの時は早くからチーの名前を出してたのにね。
結構今頃は、北米に目を向けているのかも知れないね。



魑魅魍魎の跋扈する世界では何て事無い話でした。



[ 2010/01/27 09:10 ] F1&琢磨 | TB(0) | CM(0)

取りあえずの’10 F1エントリーリスト 

ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス
マクラーレン・メルセデス
1 ジェンソン・バトン (英国)
2 ルイス・ハミルトン (英国)

ブラウンGPフォーミュラワン・チーム*
ブラウン・メルセデス・ベンツ
3 ニコ・ロズベルグ (ドイツ)
4 未定

レッドブル・レーシング
レッドブルレーシング・ルノー
5 セバスチャン・ヴェッテル (ドイツ)
6 マーク・ウェバー (オーストラリア)

スクーデリア・フェラーリ・マルボロ
フェラーリ
7 フェリペ・マッサ (ブラジル)
8 フェルナンド・アロンソ (スペイン)

AT&Tウィリアムズ
ウィリアムズ・コスワース
9 ルーベンス・バリチェロ (ブラジル)
10 ニコ・ヒュルケンベルグ (ドイツ)

ルノーF1チーム
ルノー
11 ロバート・クビサ (ポーランド)
12 未定

フォース・インディアF1チーム
フォース・インディア・メルセデス
14 エイドリアン・スーティル (ドイツ)
15 ヴィタントニオ・リウッツィ (イタリア)

スクーデリア・トロ・ロッソ
STRフェラーリ
16 セバスチャン・ブエミ (スイス)
17 未定

ロータスF1レーシング
ロータス・コスワース
18 未定
19 未定

カンポス・メタF1
カンポス・ダラーラ
20 未定
21 ブルーノ・セナ (ブラジル)

USF1チーム
USF1コスワース
22 未定
23 未定

ヴァージン・レーシングヴァージン・コスワース
24 ティモ・グロック (ドイツ)
25 未定


*ブロウンGP→メルセデスGPにエントリー名変更予定。





・・・・、と言うエントリーが“取りあえず”発表されましたね。
エントリー台数は24台。



・・・・・・・?ハテ?24台?
来期は13チーム、26台のはずでは????
コンコルド協定で2012年までは参戦義務の有った某チームの、
突然の撤退(突然でも無いが)により、その位置が混沌としている模様。

当初は参戦権を売却しないとしていたチームは、
どうやら売却の方向に動いている様子ですね。
協定に違反した際の違約金の問題が大きいみたでいで・・・

まさか、某チームの親会社は違約金が発生するのを知らなかったのか?(笑)


その動きの行方次第で、ザウバーが上がるのか、元某チームが居残るのか・・・。
って事なんでしょうな。



ブロウンさんは、1ポンドがいくらになったんでしょうかね?(笑)
これで、あの蝿野郎がお払い箱になれば、溜飲も下がるんでしょうが、
どうも蝿野郎は居残るみたいで・・・・。
あれだけ可愛がってたバトンを簡単に切り捨ててまでねぇ(笑)

そしてニコが加入、もう一人はサプライズだそうですな。
シューマッハが加入したって、特にサプライズでは無いよね?

まさかのヴェッテルとか?
よもやのブルデーとか?(爆)

そう言うのをサプライズと言うのでは無いかね?


それから、マノーがうわさ通りに「ヴァージン」となりました。




来期、琢磨のシートは有るのか?
と言う視点で見ると、
現在、一番可能性が高いのは「ロータス」。
高いと言うより、そこしか名前が挙がって来ない。
他チームの可能性は無いんだろうか?

たとえば、メルセデスのサプライズとか?(笑)
ま、ここは無さそうだ。
蝿曰く、「私が居る間は琢磨は乗せない」らしいからね。

で、他はと言うと・・・・


ルノー?
参戦するかどうかも分りませんし、クビサも状況次第では契約解除と。
カムイ君に持参金付きでルノー行きって話も出てましたが・・・・。
ここは、まずは参戦が確定しないとね。


トロロッソ?
・・・・・・・今さら(笑)


カンポス?
ここは無さそうだ。(笑)


USF1?
インディ500を視察?した時に、何らかの話し合いは有ったのか?
と思ったけども、あれは本当にIRL目当てだったみたいで・・・。


ヴァージン?
琢磨のパーソナルスポンサー・・・・はまだ続いてるの?
その繋がりで・・・なんて事は考えられんかね?












琢磨君、そろそろ君が居ないF1に飽きて来たよ。
休養は充分だろ?
もうそろそろ良いんじゃない?
ホップ・ステップ・・・・・でジャンプがまだだろ?
お前さんのジャンプが見たいんだよ。









カムイも良いけど、琢磨もね。(笑)



[ 2009/12/01 17:06 ] F1&琢磨 | TB(0) | CM(2)

09F1最終戦、そして・・・。 

アブダビGP、現代F1を象徴するかのような煌びやかな雰囲気でしたね。
これからのF1GPは、サーキットを走るだけ・・・・では済まなくなるのかも?




さて、コースの方は中々考えられたコースに見えました。
ティルケコースの中では一番では無いでしょうか?
コーナーのカントが微妙にフラットか外側に付いている感じがします。
言ってみれば、コーナー全てが鈴鹿の逆バンク(笑)みたいなものでしょうか。
オンボードの映像を観ていても、アクセルがすぐに開けられない様子でしたね。
路面にラバーが乗っていない・・・だけでは無いでしょうね。

予選ではマクラーレン、特にハミが異様に速かったですね。
何か掴んだか、或いは特性がハマったのか・・・。
結局、無理が祟ったのか、リアのブレーキが根を上げたようでリタイア。
久しぶりにハミの「ギュ~ッ!グリィッ!」を観た気がしますが、

(このスタイルがこのコースには良いのかも?
少なくともラバーが乗るまでは)

やはりマシンへの負担は大きかったようですね。
「#1」の意地ってのも有ったんだろね。
結果は残らなかったけども、今期一番の走りだったんじゃないでしょうか?


そして何と言ってもカムイ君ですかね。
スタートからキミをパスしてました。
テレビでも言ってましたが、これが大きかったでしょうね。
キミに蓋をされていたら、6位入賞は無かったかも知れません。
ブラジルで、某チャンピオンに文句言われましたが、
これで文句無いでしょ?とばかりにスパッと抜いてみせました。
某チャンピオン曰く
「向こうは軽いタンク、僕はピットアウト直後だったからね・・・」
と。

その割には抜かれるまで暫く抵抗してたのは誰でしょう?


結果は6位でしたが、もう少しレース中のラップを詰められていれば、
3位は無理にしても、4位くらいには上がれたかも知れません。
LTとか見て無いんで何とも言えませんが・・・。
ただ、GPウィーク中の流れは非常に良かったんじゃないでしょうか?
GP2でチャンピオンだったグロジャンとか、アイネクライネ君がボロボロな中、
たった二戦で結果を出したカムイ君、GP2では散々でした。

GP2の存在意義を問う結果でも有り・・・。
ワンメイクとは言いながらワンメイクでは無い状況、これは何とかすべきでは?
このままでは、F1に行くのに別に要らないカテゴリーですな(笑)


話を戻してカムイ君、後は予選での一発と、レース中のペースアップが課題。
(ま、大体誰でもそうですが)
来期が楽しみなドライバーでも有りますね。




























なんて思ってたら、皆さんご存じの結果に・・・。








これで、メーカーの犠牲になった有能なドライバーは二人目ですね。



琢磨、そしてカムイ。







(え?カズキ?誰それ?)




せめて、カムイくらいは来期何処かに乗せられるようにしてやってほしいもんです。






[ 2009/11/05 09:54 ] F1&琢磨 | TB(0) | CM(3)

器の小さいチャンプ(F1ブラジルGP) 

ジェンソンおめでとう。 (超棒読み)

(笑)





「チャーリー(ホワイティング)に言い付けてやる!」



・・・みたいなセリフでしたかね、無線から流れてきた叫びは。

ストレートが遅い(ように見えた)トヨタを、ストレートエンドで抜けない。

当代最強のメルセデスエンジンを搭載した、
当代最速マシンで・・・です。


何度も書きますが、ベンチマークドライバー・・・
オイラのジェンソン評です。
非常にスムーズな走りで、車の性能通りに走る。
逆に言えば、プラスαが無い訳で・・・。
例えば、あるコースを60秒で走れる車が有るとする。
バトンはキッチリ60秒で走るでしょう。
これは大したものですよ。
車の性能を評価するには最高のドライバーですね。

でも、レースと言う物は、より上をより前を目指す物です。
60秒で走る車を59秒、58秒で走らせ無いとね。
それはドライバーの頑張りや、車の煮詰めで可能な物です。
このチャンピオンにはその能力が足りないようですね。

「タイヤが温まらない!!」

と、無線で叫んだら温まると思っている訳では無いでしょうが、
じゃあどう言う風にしよう・・・とか、
何故温まらないのか?を考えてみる・・・とか、

そう言った事に知恵や工夫をするのが先決では?



まぁ、勝てば官軍とは言ったもので、
一番ポイントを稼いだ人がチャンピオンなんですから、
素直に認めないといけません。

09年F1世界選手権、ドライバーズタイトルは

ジェンソン・バトン(←お、久々に普通に書いたな:笑)です。




おめでとう!!こんぐらっちれぃしょん!!!
(超棒読み)







話は変わって、カムイ君。
やっぱり野生児でしたね(爆)
誰が来ようがお構いなしに堂々と渡り合いました。

神経が図太いのか、何も考えていないのか(笑)

冒頭の「チャーリーに~」には笑わせてもらいました。
単に運転手の出来の問題でしたし(爆)
今期のGP2シリーズは期待外れな結果でしたが、この子は
日本よりもヨーロッパでレースした方が実力を発揮しそうです。
マァ、個人的には某Jrよりはこっちに期待してましたから
今後が楽しみでは有ります。

カズキ君は只の自爆でしたし(笑)
あそこでインに振るかねぇ?

ヤルノもそうでした。
アウトから被せて行ってスーティルを撃墜したようなものです。
なのに、あの剣幕(笑)

まだまだ若いですな(爆)

でも、あれに危険行為で罰金とは・・・・。
ま、確かにあの場所ではさっさと退避して、外でやるべきかと・・・。
熱くなってるヤルノ達の後ろで、このアクシデントの一番の被害者
アロンソがそそくさと退避行動を取っていたのは面白かったね。
本当はアロンソが一番腹立っただろうに・・・。











バトンにはチャンピオンへのプレッシャー、
ヴェッテルには若さ故の焦り・・・・・・


二人とも、外から見るよりも大変なプレッシャーにさらされていたでしょう。
どちらも、自滅からの取りこぼしが多かったものね。


ま、それもレースだわ。










そう言えば、二年連続ですな。
ブラジルGPで、イギリス人がブラジル人を下してタイトルを獲ったのは。
(しかもNO.22のメルセデスエンジン?)

[ 2009/10/21 12:14 ] F1&琢磨 | TB(0) | CM(8)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。