スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロF3、今度は中嶋Jrが!!! 

少し遅れた話題ですが、前回のユーロF3に続き、
今回、第4戦で、



またまた、




今度は!!



F1DNA(笑)

中嶋悟の長男で有る、中嶋一貴君が優勝!!!



ユーロF3第2ラウンド(第3,4戦)ドイツの「ラウジッツリンク」
で開催されました。
初日、ウェットコンディションの中フリー走行では、
可夢偉君がトップタイムを記録。
しかし、本人は納得行かない様子。
「まだ全然乗れてない。ドライではまだダメ。」
と嘆く。
そして、ドライでの予選では、平手3番手、中嶋9番手、可夢偉10番手。

向かえた第3戦、平手はスタート直前にエンジンにトラブル。
そのままスタートするも症状が悪化、ピットにクルマを止めた。
可夢偉は猛烈に追い上げ5位争いを繰り広げていた。
が、他車に追突され11番手まで下げる。
そして、中嶋は9番手から1つ上げて8位。
翌第4戦は8番手までが、リバースグリッドになる。
詰まり第4戦では、中嶋がポール。

その第4戦、一時は先行を許すも結局独走で中嶋が優勝。
ドイツの地に在って、中嶋は熱烈な声援を受ける。
観客は彼が“悟Jr”だと理解してるみたいですね。
「クルマは完璧でした。運も良かったけど、こう言うルールなんで。
でも、こんなにお客さんが多いのには驚いた。」

と、シャンパンの栓を抜いた。

平手は18番手から追い上げるものの、11位とポイント圏外。
可夢偉は11番手から10に終わる。





平手、中嶋、と続いたら、次戦は・・・可夢偉が来る!!!のか?(爆)
スポンサーサイト
[ 2006/05/03 09:23 ] 海外レース | TB(0) | CM(2)

スーパー1さんへ☆

オイラも実際見た訳じゃないのでアレなんですが、
そんなに多い事も無いと思いますよ。多分。

以前、(かなり前ですが)国際F3000に観客が数十人!!
って事も有ったらしいですから。
まぁ、観に行く価値があったかどうか・・・。
欧州はここ数年、F3が熱いですからね。
琢磨世代の再来なるか!です。
[ 2006/05/03 18:10 ] [ 編集 ]

ますます

楽しみになって来ましたね。

こうなったら3人でのタイトル争いが見たいなどと贅沢な妄想が頭の中をぐるぐると!

しかし向こうはF3でもお客さんがたくさん入ってるんですね!

それに比べて我が国は…。
(-.-;)
ちょっぴり羨ましいぞ。
[ 2006/05/03 13:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gymkaniann.blog46.fc2.com/tb.php/72-b61d6bcd












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。