スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ユーロF3で快挙!!!(ユーロF3開幕) 

ドイツのホッケンハイムで開幕したユーロF3選手権
開幕ラウンド(注:1ラウンド2戦開催)で、





何と!!!!

快挙が!!


平手晃平君が優勝!!
中嶋一貴君が2位に!!

日本人の1・2フィニッシュ達成!!!

そして小林可夢偉君も6位入賞とジャパンパワー炸裂!!
2001年の琢磨・良・年弘で3シリーズ制覇以来の勢いを感じますね。




優勝の平手君は、一足速く今年で2年目ですが、
昨年は満足な体制では無かったようで、
表彰台に1回だけと言う成績から一転、
今年は勝てる体制を手に入れて、開幕より幸先の良い結果に。

2位に入った一貴君は、言わずと知れた“中嶋悟”の長男。
昨年まで、日本のF3等で活躍。
今期より、ユーロF3に参戦、いきなりの2位。

そして6位に入った可夢偉君。
彼は昨年、F3の下のカテゴリーの
“フォーミュラ・ルノー”のユーロシリーズ・イタリアシリーズをW制覇。
今期満を持してF3に参戦。




ちなみに3人共、トヨタの若手育成プログラム
「TDP」のメンバー。
来期、F1への道は開けるか?果して誰が?
或いは、誰も・・・。




「爽快でしたね。ホントに気持ちが良かった」
と、レース後の晃平君。

◎2番手からスタートでトップに立ち、後続のマシンに追突
されてスローパンクチャーに見舞われながらも、独走。
「状態が良かったので、序盤にプッシュしたアドバンテージが生きましたね」
との事。

◎4番手から順位を上げていった一貴君は
「悪くは無いですが・・・。晃平君に勝てなかったので、80点くらいです。」

◎8番手からのスタートだった可夢偉君は、
2度のセーフティーカーランをしのいで6位入賞。
「上手く駆け引きが出来ました。2レース目のポジションにも結びついたし、全体的には良かった。」
日本でのカート時代から揉まれた(いや揉まれてないか?)だけあって
デビュー戦とは思えない落ち着き払ったレース内容。


実は9日に行われる第2戦のグリッドは、第1戦の1~8位がリバースグリッドとなる。
可夢偉君は2列目前列に。



さて第2戦、連続で日本人の優勝は叶うのか!!


スポンサーサイト
[ 2006/04/09 13:33 ] 海外レース | TB(0) | CM(4)

考える葦さんへ☆

そうなんです。ミンナTDPなんですよ。

ホンダには今、塚越君が居ますよ。
今年は全日本F3です。
GP2参戦中の吉本大樹君も注目です。
[ 2006/04/10 00:17 ] [ 編集 ]

スーパー1さんへ☆

以前から注目はしてましたが、こんなに早く実力発揮とは・・・。
驚きです。

塚越君と大嶋君に、アト井沢君もね!
[ 2006/04/10 00:13 ] [ 編集 ]

いよいよ

次代のF1のシートをかけた競争が始まってきたと言う感じですね。悲しいかな全員TDP出身ではホンダのシートにはしばらくは日本人は座らないのかもしれませんが、まあ、それはそれ、これはこれですね。とにかく琢磨に続く実力ある若手がはい上がってくる事を期待したいです。
[ 2006/04/10 00:08 ] [ 編集 ]

おぉ!

あの三人やりましたか!
こりゃ今年のユーロF3は注目ですね。

かたや全日本F3でも大嶋君、塚越君と楽しみな若手がいますね。

さあ誰がF1まで行くのか見守りたいと思います。
(^o^)/
[ 2006/04/09 18:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gymkaniann.blog46.fc2.com/tb.php/44-c12dab97












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。