スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レースだから・・・ 

2011インディカーワールドシリーズ最終戦で、ダン・ウェルドンが
アクシデントに巻き込まれ還らぬ人となった。



レースにはクラッシュは付き物、ギリギリの攻防を繰り広げ、
その均衡が崩れた時アクシデントが発生する。
それは仕方の無い事なんだ。
最悪、取り返しの付かない事になったりもする。



だからって、レースは危険と言うレッテルを簡単に貼ってしまってはいけない。
それは、ハサミでてを切った・・・じゃハサミを使うなって事と同じ。
彼等は別に暴走族の延長では無いし、ただ車を速く、誰よりも速く走らせるのが
好きなだけなんだよね。
充分にそのリスクを承知の上で走っている。
命を掛けて走っているんだよね。


いや、別に「だから死んでもしようがない」と言ってる訳じゃ無い。



「五体満足に引退出来る事が嬉しい」



と、かつて活躍していたドライバーが引退時の一声。
誰もそこで死んでも良いなんて思ってないんだよ。
帰って来る事を前提に走っている。

サーキットや車体の安全性も飛躍的に向上した。
だけど、「安全」に「絶対」は無い。
事故は起こり得るんです。
在ってはいけないけど、あり得るんです。

長く見ていると、何度か見たくは無い物を見てしまいます。
でも、それを受け止めて、受け入れていかないと、先へ進めないんです。
それが出来ないなら、レースなんて金輪際見ない方が良い。



オイラは今でも、鈴鹿1コーナーのフェンスの支柱がくの字に曲がっている光景を忘れる事が出来ません。
思い出すだけで心拍数が上がります。
あの事故も酷いものでした。
それでも、未だにレースを追い掛ける事は止められない。



だって、レース好きだもん。
サーキットが好きだもん。













ダニエル・ウェルドン、どうか安らかに。
スポンサーサイト
[ 2011/10/19 21:18 ] ジムの独り言 | TB(0) | CM(2)

スーパー1

そうなんですよ。

でも、これが乗り越えられないなら本当に引いた方が良いと
思います。
実際、オイラでも辛いすわ、今回。
[ 2011/10/29 07:26 ] [ 編集 ]

この次週に2輪でもマルコ・シモンチェリ選手が亡くなりました。
(>_<)

こんな悲しい想いをするならモータースポーツファンなんて止めればいい。

しかしダンやマルコはそんな事は望んでいないはず。

ファンに出来る事はファンを止めない事なんじゃないかと。

今はそう自分に言い聞かせてます。
[ 2011/10/28 18:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gymkaniann.blog46.fc2.com/tb.php/381-6e80452f












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。