スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホンダの「夢」は潰えたのか・・・(ホンダ馬鹿の戯言) 

「それでもF1は続いていく」





かつてこのセリフを聞いた事が有りました。


そう、セナがこの世を去った時です。
それ以来、その言葉通り今日までF1は続いています。
先日のホンダF1撤退報道の後、上のセリフが頭をよぎりました。
そう、ホンダが撤退したところで、F1はF1で有り続ける訳です。
でも、ホンダはホンダじゃ無くなってしまう事も有る訳だ。
F1を続ける為に、会社が傾いてしまっちゃ行けないんだわ。
確かに、今のホンダからはかつての「らしさ」が薄れつつあるのは事実です。
ホンダが残っていれば、いつかは「らしさ」が帰ってくるかも知れない(帰って来ないかも知れない)
いつまでも、今の体たらくを続ける位なら撤退してくれた方が良かったし。


















ただ、

それでも、悔しいよ、オイラは。




思えば、第三期と言われる今回の参戦は、初めから「?」が多いプロジェクトでした。
言動と行動が一致しなかった・・・・そんな感じ。

でも、いつかは「らしさ」を見せてくれるんだろうと信じて待ってたよ。
04年にはその兆しは見えてた(気がした)。


それだけだったね。


結局、「ホンダ」の名は有っても実際はイギリス人の会社に丸投げだった・・・・・・・。





何百億も言われるがままに垂れ流して、今やそれをタダ同然で売り捌いて
なおかつそこに居座るつもりの奴も居るしね。


ホンダ第三期のコンセプトは
「金だけ出して勝てるのか?」

だったんだろうか?


本当にホンダ(栃研)主導で今の成績だったら、オイラは何も言わない。
それがホンダのそこでの実力だったんだから。
でも、これじゃ悔しさしか、いや悔しさも残らないんじゃないか?







ホンダらしさも見せないまま去ってしまうんだね。




オイラはそれが一番悔しいよ。



市販車にも、ホンダらしさが見えなくなって久しい。
ホンダから「夢」は消えてしまったんだろうか?


The Power of Dreams

このキャッチコピー、好きでした。
でも、Powerの源は何処に行ってしまんたんだろう?

独創的な発想もなりを潜め、没個性な「こんな車が売れるでしょ?」的な車が多くなった。
大企業になったしまった今、売れセンばかり造るのは理解出来ない事じゃない。
今や仕方無いのかも知れない。

それでもね、何処かに「らしさ」を欲しいんだよ。
「馬っ鹿じゃねえの?」と言いながら顔が笑ってしまうような「らしさ」がね。

やるならトコトンやる、全体の出来では50点かも知れないけど、有る部分では100点!
みたいな車だったよね、ホンダ車って。
欠点は有るけども、それを補ってくれるポイントが必ず有ったよ。
どんな車でも、何だかワクワクするような何かが有った気がする。
すっかりそれも無くなってしまって、只の車になり果てたね。

ABSやエアバッグだって、市販車に装備したのはホンダだった。
凄いな・・・と素直に思ったよ。
でも、時代が早過ぎたのか、CMが下手だったのか(笑)世間には浸透しませんでしたね。
その後あの会社が大キャンペーンで「え?ABSまだ付いてないの?」
てな勢いで普及させましたね。
あの時も「ホントにホンダって馬鹿だねぇ、CM下手だねぇ」と言いながら
笑ってた気がするな。
他にも、どうしてこんなバカな事を・・・って事もチャレンジしてたな(笑)
結果的に失敗してても、それを糧に次に生かして行く
(って言い訳かも知れないが)
そんなスタイルが好きでした。


F1に向けていたエネルギーを、すべて次世代の市販車開発にシフトする・・・。

その言葉が本当なら、かつての「らしさ」は帰ってくるのだろうか?
息絶えたと思われる「オヤジさんイズム」はまだ生きているのだろうか?




きっとやってくれるんだろう。


ハイブリッドなんていうマヤカシの技術に浮かれないで、
本当の意味でのエコカーを世に出してくれるんでしょう。














じゃなくちゃ、意味が無いよね?
「本当は続けたかったけど・・・・・」って言葉が真意なら。








なんだかんだ言ってもさ、

「HONDAじゃなくちゃ」


なんだよ。












あ~、旨くまとまらん!!
スポンサーサイト
[ 2008/12/29 08:19 ] F1&琢磨 | TB(0) | CM(6)

スーパー1さんへ☆

黒いF1・・・・・
まぁ、もう二度と出て来ないでしょうね。
そんな遊びが許される余裕が無いでしょうし・・・。
[ 2008/12/31 07:46 ] [ 編集 ]

スラさんへ☆

そうだよねぇ。
オデとかフィットも良く出来てるんだけども、
何か違うんだよね。(笑)
フィットタイプ-R?
DC-5的な手法なら不要です!(笑)
[ 2008/12/31 07:44 ] [ 編集 ]

分かりますよ。

今回の撤退はなんか悔しいというより寂しいです。

あのアホにまる投げしてこの結果は…。
言葉になりませんわ!

市販車も含めてしばらく様子見るしかないんですかね?

さて今の若いホンダマンの中に勝手に黒いF1を造る骨のある連中がいるのか見守ります。
[ 2008/12/30 21:59 ] [ 編集 ]

初めっからスーアグ体制でいっそ日本人をチャンピオンにするんだ!くらいの勢いでナショナリズム丸出しにした方が、却って世界的に支持されてたかもしれないしそれなら我々の考えるホンダそのものでしたよね。
フィットとかオデッセイもかなりメカは個性的ですけど(アブソルートはある意味異常)アツい軽量コンパクトが無いのが…。
フィットタイプRキボン。
[ 2008/12/29 22:55 ] [ 編集 ]

デヴィッドさんへ☆

ホント「馬鹿野郎」なんだけどね。

納得は行かない、けども仕方無い部分も理解出来る。
だけどもやっぱり悔しい。

そう言う気分です。
[ 2008/12/29 10:19 ] [ 編集 ]

あほくさいけど

今になっても納得いきませんよね!
なんかこぉ~HONDAに対しては、「イラッ」っとくるって印象がピッタリって感じですな(笑)
経済状況がどうのこうのは解るけど・・・
残念を通り越して「馬鹿野郎」ですな!

ジムさん!
旨くまとまらなくて当然だって・・・
[ 2008/12/29 09:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gymkaniann.blog46.fc2.com/tb.php/334-f6754818












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。