スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ポッカリと・・・ 

心に穴が空いた感じです。

個人的には、余り思い入れは無いんですが。

まぁ、この事実は受け入れて、




まずは記事から。



プレスリリースを・・・。

スーパーアグリF1チーム(SAF1)は、本日、F1世界選手権から撤退することを決定した。2006年からプライベーターチームとしてF1に参戦し、昨年はチーム結成22戦目(スペインGP)で初ポイントを獲得、2007年のランキング9位という成績を残したSAF1のF1における活動は本日、その幕を閉じることになる。

鈴木亜久里 チーム代表
「F1チームオーナーになるという私の昔からの夢を実現すべく、2005年11月にF1にエントリー申請をし、2006年よりスーパーアグリF1チームとして、2年と4ヶ月にわたりF1の世界で戦ってきたが、本日その活動に終止符をうつことになった。
 多くの自動車メーカーが参戦しているこの世界でプライベーターとして戦いを挑み、昨年はチーム参戦から、わずか22戦目にして初ポイントを獲得しランキング9位となる快挙を達成することができた。しかし、昨年のシーズン初頭から、パートナーとして一緒に戦っていくはずだったSS United Group Company Limitedの契約不履行によりチームは経済的なバックボーンを失い、経営は非常に厳しい状況に追い込まれた。また、カスタマーカーに関する方向性の変化などチームをとりまく環境変化もあり、チームは新たなパートナー探しを精力的に続けてきたが、その活動は難航した。
 その間、ホンダから支援を受けながら、なんとか今日まで持ちこたえてきたが、現在のF1を取り巻く環境の中で、今後も安定的に活動を継続していく目処が立たず、本日、F1から撤退するという苦渋の決断をくだすこととなった。
 ここまでチームを支えてくれたホンダ、ブリヂストン、そしてスポンサーの皆様、いろいろな状況の中でアドバイスを頂いたF1関係者の皆様、チームが苦しい状況の中でも、モチベーションを絶やさず働いてくれたチームスタッフ、厳しい状況の中でも頑張ってくれたアンソニー、チーム立ち上げから一緒に戦いチームを引っ張ってくれた琢磨、そして、これまでSAF1を応援してくれてきた世界中のファンの皆様に最大の感謝を表したい」
(スーパーアグリF1チーム プレスリリース)



・・・・・、何ともねぇ。

で、そのリリースを読み上げた後、
檀上からアグリさんは話を続けたそうだ。


今、話した内容がプレスリリースの内容なんですけど、それにちょっと色々と付け加えていきたいことがあるのでお話しさせていただきます。
思えば2005年の11月1日にチームを立ち上げるという発表をして、その時も僕ひとりで壇上に立って、チームを立ち上げるという発表をさせていただいたんですけど、終わるときもまたひとりかなと(笑)。
ということで、皆さんの前でお話しさせていただくんですけど、今は一緒に戦ってくれてきたスタッフ、ドライバー、それにファンの皆様が僕の後ろについているんで、そういう意味では2005年11月1日とはだいぶ違う状況になったわけです。

 そういう中で、私としては自分の大きな夢であるF1チームのオーナーになる、自分がF1チームを持つという大きな夢に向かって邁進してきたんですけど、こういう短い時間の中でスタッフ集め、そして会社を作り、クルマを作り、誰もが2006年の開幕戦バーレーンにチームは来ないんじゃないかと思っていた中で、ファンの皆様とか、スタッフの努力によってミラクルを達成することができて、僕は本当に幸せだと思っています。

 そういう中で、F1を2年半、振り返るとあっという間の2年半で、あの発表をしたときがつい昨日のように思い出されます。
そんな中でチームを立ち上げ、一歩ずつの進歩だったんですけど、2006年の最終戦では佐藤琢磨がブラジルGPにおいて、レースをしながらの10位完走、トップ10での完走といういい仕事をしてくれたのが頭に残ります。

 その後なんですけど、2007年、先ほどプレスリリースでもお話ししたんですけど、SSユナイテッドという会社との契約で、スポンサーとして、パートナーとして進んでいくはずだったんですけど、急遽契約不履行ということで、そこから一気にシーズン途中から資金難が続いて、その後どれだけのパートナー候補と話をしてきたか分からないくらい色々な会社とも話してきましたし、世界中いろんなところに飛び回って進めてきた訳なんですけど、それがうまくまとまらない。で、今日に至ったわけなんですけど。

 でも振り返ってみると、日本のチーム……僕としては自分自身の夢と言うよりも、やはりF1の中に日本のチームがあるということは、これからF1を目指す日本のドライバーにふたつの(F1の)シートを開けてあげられるんじゃないかとということで、僕もレーシングドライバーから始めて、F1ドライバーになりたいと思ってここまで来て、少なくとも日本人のドライバーが使えるふたつのシートがあれば若いドライバーたちの目標にもなるし、活躍できる場所ができるんじゃないかと頭に入れてチームを作ったわけです。

 そういう中、我々のドライバーである佐藤琢磨が2006年、ホントに僕たちとしても急遽クルマを作り、最初はもう、真っ直ぐ走らないようなクルマでも彼らは本当に何一つ文句を言わず、『亜久里さん頑張りましょうね。僕はこのクルマでも何でも戦っていきますよ』と、今思うとどれだけ苦しくても彼らは僕にひと言も文句を言わなかったし、いつもポジティブに、僕にもパワーをくれて、『亜久里さん絶対頑張りましょうよ。絶対負けないですから』と言ってね、………


その……レースをやってくれたことはすごく嬉しく思います。アンソニー(デイビッドソン)も、苦しい中ホントいいレースをしてくれたし、彼は本当に速いドライバーですし。


 皆さん記憶に新しいと思うんですけど、去年のスペイングランプリで、ルノーとの熾烈な争いの中で佐藤琢磨が1ポイントを挙げ、カナダグランプリではトヨタのラルフ・シューマッハーを抜き、マクラーレンの(フェルナンド)アロンソを抜いて6位入賞っていうね、自分たちでも信じられないような結果を出してくれた。
これだけ世界のトップの自動車メーカーが戦うF1の中で、言ってみればホント、自分でも良く話をするんですけど、ジェット戦闘機の中に竹ヤリを持って戦いに挑んでいるような。それが2006年で、2007年はジェット戦闘機の中にゼロ戦で戦いを挑んだかな、というような中で、こんな結果を出してくれたということは、改めてふたりのドライバーに感謝したいな、と思いますね。

 そして、僕らを支えてくれたファンの皆様とか、ここにお集まりのF1関係者の皆さんも、いつもポジティブにいい記事を書いていただいたし、自分としてはこんなちっちゃいチームでこれくらいしかできないのに、こんなに応援してくれる皆さんが一杯いて、幸せだと思いました。

 ところで、今日これ以上チームが続けていけない、というところの経緯をお話するんですけど、最終的に、皆さんもご存じのようにいちばん大きなポイントというのは、マグマグループとの契約が成立できなかったというのが一番大きくて、マグマとはいちばん最初に話を始めたのが、2007年もイタリアグランプリの時でした。
その時は何社とも話を進めてて、最終的にマグマと進めていくのがいちばん確実じゃないかと言うことで、マグマと真剣に話をしました。

 今年のグランプリ開幕直前に、いろんなことが決まり、なんとかオーストラリアグランプリにクルマを持って行けることになったんですけど、そこから2ヶ月半くらいですかね。
いろいろな会社のことを進めてきたんですけど、
最終的に、前回のスペイングランプリの前に1通の手紙で、今後はスーパーアグリF1との話はできない、とホントにどういう内容で、どういう問題があって、どういう状況で、
この2ヶ月間いろいろな話をしてきた中で、1通の手紙で終わっちゃったのかっていう説明がないまま、スペインGPの前にこういう結果になってしまいました。


 そこから1週間、皆さんもその後いろいろな報道をされていますが、
バイグル・グループとの交渉もしてきた訳なんですが、なんせ1週間でどうなるわけでもないですし、
まぁ、タイムオーバーということと、条件的にもいろいろ詰めなければいけないということで、
そこら辺の条件面での食い違いとか、最終的に今回のトルコグランプリには間に合わないということで、最終的にチームは続行できない、と決定しました。


 そんな中、ホンダさん、ブリヂストンさん、それにスポンサーの皆さんがここまで支えてきてくれましたし、ホント皆さんのおかげで、短い間だったとは思いますけど、2シーズンと半分しか戦えなかったんですけど、非常に内容の濃いレース活動ができたと思うし、短かったんですけど印象深いチーム作りができたんじゃないかと思います。

 僕としては、皆さんにこうして話することに悔いはないし、皆さんに本当に感謝の気持ちだけでこうして話させてもらってます。本当に2年半、ありがとうございました。



マグマの一方的な破棄が一番大きかった・・・と。

その後は質疑応答が有ったらしい。


Q:最終的なバイグルとの交渉は、基本合意というリリースも出ていたが、結局成立しなかったというこということか。

A:、マグマとエクスクルーシブで話を進めているということで、この2ヶ月半、他のインベスターとの話を全部打ち切った後だったんですけど、そのブランクが大きすぎて、基本合意はしたんですけど条件面の詰めとか、いろいろな部分での詰めとかが間に合わなかったというのが大きいですね。


Q:その件に関して、ニック・フライからは会社の規模など疑問が呈されていたが。

A:僕が理解できないのは、ニック・フライが、僕たちがコメントすることに対して、なんでホンダレーシングF1チームのCEOが……いや、それがホンダとしてコメントするのであればアクセプトするんですけど、彼はホンダレーシングF1チームのCEOであって、ホンダのCEOでもないのに、そんな彼のコメントに関して僕はいちいち反論する気はないし、例えばフェラーリのCEOが僕に対して何か言うのと同じ感覚でいるのでちょっと僕には理解できない。ホンダが何か、僕に対してどうしろ、ああしろと言うのであれば従うし、もちろん僕の最大のパートナーはホンダだと思っているので、それなら納得するんですけど、ニック・フライに関しては彼が何を言っているのか興味もないし、ちょっとよく分からないです。


Q:お聞きしたかったのは、ホンダの本社、取締役会の承認を得る必要があったということだったが。

A:そこに関しては、僕はホンダともいろいろ話をしてたんだけど、その辺のポイントだけが大きくクローズアップされて、ホンダが認めたら今回の話は進むんだとか、そういうことだけじゃなく、1レース1レースの時間だとか、チームとしての資金集めの問題が大きな問題であって、記事の中では、ホンダのディシジョンだけが大きく取り上げられているんだけど、そこは記事だけがひとり歩きしているんじゃないかな。もちろん、自分のところに資金があり、いろいろな部分で応えていけるんであれば、今後バイグルとの話がまとまっていくようになったかもしれないし、別のパートナーと話もできたかもしれないけど、1週間というあまりに短い時間の中で、会社の買収とか株式の取得であるということが、時間的な部分の戦いで、本日こういう決断になったというわけです。


Q:亜久里代表自身が“決断した”のはいつか。

A:大きなポイントは、マグマとの話が終わったという時点で『もう時間的に無理だな』というのは自分としては結構ありました。本当に信頼していたし、昼も夜も契約のことだとか、会社の手続きだとか、今後どういうプランで進めていくかとかずっと続けてきました。最後の最後になんでこうなっちゃうの? というのが本当信じられなかったです。


Q:“出場権”は今後どうなるのか

A:出場権は出場し続けることによって権利が発生するので、持ってるからどうのこうの、ということじゃないと思うんですけどね。F1は今、コンコルド条約の中で進んでいる訳じゃないし、FIAの管轄でレースが行われているんで、トルコGPを欠場しても、3レースまではレースに復帰できるらしいんで。でももう戻らないですけど(笑)。今のF1の世界で、プライベーターが今後続けていけるとか、他の自動車メーカーが出てきたり、今の状況でいちからクルマを作るのはかなり難しいんじゃないかな。


Q:スタッフやファクトリーはどうするのか。

A:ドライバーとはこれから、琢磨に関してもアンソニーに関してもホンダと話して、これからどうするのか話を詰めてかなきゃいけないし、F1やらないとなると工場閉める手続きとかもこれからしていかなきゃいけないと思ってます。


Q:イスタンブールのサーキットに入れなかったという報道があるが、これについて亜久里代表はどう把握しているか。

A:自分としてはよく分かりません。バーニー(エクレストン)とも話はしたけど、彼自身はトラックがパドックに入ることはNOだとは言っていない。
あ、それと、トラックがイスタンブールに入れなかったことについて、ニック・フライが何を言ったのか分からないからそれは可能性はあるかもしれないけど、それ自体がホンダのディシジョンではないことは間違いない。
それは何でかというと、スペインGPの際にホンダの大島(裕志広報・モータースポーツ担当執行役員)さんとかと話をして、トラックがイスタンブールに行くことはOKだし、それも直に大島さんと、トラックが入れなくなった時に、「これはホンダの指示ですか」と確認したら「僕はそんなことは知らないし、そんな事は言っていない。だからそれは違うよ」と言われた。僕からしたら、ホンダのモータースポーツの責任者である大島さんのコメントが絶対なので、ホンダの決定ではない、と認識しています。



Q:この2年半で亜久里代表の中で、いちばん嬉しかった瞬間は何か。

A:結構おもしろくて、最初にバーレーンにクルマが着いたときやスタートしたとき、どう思いましたか、とかあったんですけど、それよりもバーレーンに着いた時に自分のクルマがあまりに遅いことにビックリして、こりゃ大変だってのがバーレーンの第一印象で、それでテストもしていないクルマで完走してくれたのも嬉しいし、いろんなことでレースの中だけの感動もそうですけど、始めてポイントとったスペインもそうだし、カナダもそうだけど、琢磨とかスタッフとか、全信頼を僕に向けてくれて、ちっちゃいチームだけど一緒に頑張ろうって気持ちを感じたときが一番嬉しかったですね。


Q:負債を今後どうしていくのか。国内などARTAプロジェクトへの影響は。

A:スーパーアグリF1リミテッドというイギリス法人の会社で、国内の会社と資本の関係もまったくないので、国内の活動とF1の活動はまったくセパレートしていただいて構いません。今後イギリスのF1の会社をどう閉めていくのかは、今日発表して、これから決めていきたいと思います。


Q:ドライバーはどんな事を言っていたか。

A:すごく残念がってたし、チームのスタッフも琢磨もアンソニーも、自分たちがどれだけ一生懸命やっていたのかをすごく理解していたし、『本当に残念ですけどありがとうございました』というコメントをしてくれて。これから琢磨も日本に帰ってくると思うので、そうしたらまた少し話をしてみたいと思いますけど。


Q:SSユナイテッドについてほとんど情報が無いんですけど、どういう会社だったのか、この会社をパートナーに選ばれた時のビジョンなどがあったのか。

A:いろいろなところと話をしてきて、最終的にSSユナイテッドを仲介してくれた会社があるんですけど、そこがきちっと『この会社は間違いない』と、自分たちが責任を持ってこの会社を推薦された。その会社と業務アドバイザリー契約を結んでいたし、彼らが持ってきたSSユナイテッドと契約に至ったということですね。最初は何個か、いろんなビジネスがその中に入っていて、まず最初、スポンサーという形が第1ステップとしてあって、その次にスーパーアグリを増資するという話があって、ビジネスパートナーとして進んでいくという話があったので、SSユナイテッドという会社がどうだったか分からなかったけど、中に入ってくれた会社を信頼してこうなった、ということです。


Q:特に今後訴訟などに発展することはあるか

A:弁護士とも話はしているので、近々どうなるかお話しできると思います。


Q:去年も数え切れないくらいのパートナーと話をしたというが、どの国の企業と話したか。

A:すごくいっぱいしましたね。中国、ロシア、ドイツ、スペイン、本当に数多くの、いろいろなところと話しましたけど。



Q:今回の決断の後、福井(威夫ホンダ代表取締役社長)さんは何か言っていたか。

A:福井さんとお会いしたのはオーストラリアGPの時にお会いして、その時点ではマグマとの話がうまく進んでいるので、頑張ってくれ、という話をしました。ここに至る経緯については、最終的にスペインGPが終わった後に関してはお話してません。


Q:3戦くらいは欠場できるという事だったが、トルコ、モナコとスキップして、話をまとめてから、という選択肢は無かったか。

A:ないです。資金的に続いていくなら可能だったかもしれないけど、そのあたりがなかな難しくて、F1って1レース参加するだけで何億円とお金がかかる世界なんで、そこがきちっと回っていかなければ開発しても回らないですよね。僕も本当に悔しいんですけど、2006年に、2008年のエントリーをしたのを皆さんご存じだと思うんですけど、2006年の6月に2008年度のエントリーが締め切られて、その時22チームエントリーしたんですよ。なぜ22チームエントリーしたかというと、2008年からカスタマーカーが使えると言うことと、分配金などの条件がよくなるということでエントリーしたんですけど、昨年急にカスタマーの話が難しくなり、いまだにコンコルド条約が結ばれないとか、そういった状況が一気に重なってきて、パートナーを探すにしてもそのあたりの状況が一気に苦しくなったという状況ですね。


Q:マグマと独占交渉権を持って少なからぬ時間を費やしてきたと思うんですが、その断りがわずか1行や3行というファックスだったと聞いているが。

A:5行くらいあった(笑)。


Q:チームの命運を握っている相手がそういう断りをしてきた中で、亜久里代表は大きな損失を被っていると思うんですが、今後マグマに対し訴訟等は考えているか。

A:そうですね。その辺はどういう風にしていくかは今後考えるんですけど、その中でもいろいろな契約書の中で、何が実現できるか分からないんですけど、マグマを紹介してくれたニック・フライに感謝しますよ(笑)。
 あ、でもね、マグマの話では言えることと言えないことがあるんだけど、彼らは非常にマジメな人物です。なんというか、海千山千で、ネガティブに思うかもしれないけど、彼らとの、マーティン・リーチとの交渉では非常にマジメな会社で、ステップをひとつひとつ踏んでいくし、いい加減にする会社じゃないと思うし、そういう人たちではないと思う。マグマ自体がお金持ちの会社だったら話は別だけど、彼らのその先にあるところがどうなのかは分からない。でも、マグマ自体は非常にマジメ。報道では2ヶ月も交渉していきなり、と思われちゃうかもしれないけど、決してそんな事はなくて、ビジネスとしては非常にマジメだった。その先に関しては僕は立ち入れないので、何もコメントできない。




Q:この2年半、多くのファンから支持されてきたと思うが、日本の企業と何かスポンサーに関する話をしたことはあったか。

A:日本の企業は今のF1に対して興味をもっていないということと、F1の予算自体がすごく大きくなってしまっていて、その辺が費用対効果じゃないけれど、僕がF1やってた頃の予算で、25億とか30億とかでF1がやっていける時代であれば、いくつかのスポンサーでまかなってこられたかもしれないけれど、これだけメーカーの争いになった中で、部品のコストや人材など、F1が今後、プライベーターとして成り立っていく世界は難しいんじゃないかな。


Q:今回、F1からの撤退を決めたが、将来、大スポンサーがついたら復帰するつもりはあるか。

A:なかなかね。今のF1はピラニアクラブだからね。そこにまた指を突っ込むのはなかなか……(笑)。
というか、レースがしたいですよね。
レースができる状況だったら戻ってもいいけど、この2年半お金探しばっかりで、サーキットに行ってもウチのチームは何回ピットインして、今日のレースは何周なのかも知らないような状況がけっこうあってね。それにちょっと疲れたかな。
レースができる環境でレースに戻れるんだったら、戻りたい……かな? でも今はちょっと休みたいかな(笑)。でもそれだけ魅力があるレースだからね。
今、トロロッソの共同オーナーのゲルハルトともよく話をするんだけど、やっぱり彼もレーシングドライバーをやっていて、昔から「いつかF1のオーナーになって戻ってやる」って言っていて。彼が現役の頃はあんまり喋らなかったんだけど、一緒にオーナーをやるようになってからよく喋るようになって。
でも、やっぱり彼も「疲れた」って言ってますよ(笑)。



Q:フェラーリやマクラーレンなど、それに対抗できるチームを作るつもりがあったと聞いているが。
(↑これ、何処のアフォが聞いた?:笑)

A:誰かが僕に1000億円くらいくれて、「やってもいいよ」と言われたら、3年くらいでできるかなぁ。現実は甘くなかったですね。


Q:F1をやって良かった?

A:そりゃあやって良かったよ。だって、どう考えたって人生の中で、30歳までにF1ドライバーになって、40歳までにF1チームをやるって言っていて、本当に苦しい部分もあったけど、そんなの苦しいなんてのは全然関係なくて、自分が絶対にやるんだって思って決めたことができる人生を与えてくれた神様に本当感謝してるし、苦しいなんてのは誰かが登ってくれって言って登った山じゃないし、登れば苦しいのを分かって登ってるんだから、それをいちいちやって良かった悪かったなんて、……ちょっと一度ヤバイな……って思ったことはあったけど(笑)、でもこんなに人生の中でいっぱいチャンスを神様からもらった人生なんて無いと思うし、本当感謝してます。

……でも苦しかったけどね(笑)。

 あ、もうひとつ(笑)。これからF1チームやる人はやらない方がいいよ、ってコメントもするかな。もし聞かれたら。以上です(笑)。




まぁ、こんな感じだったらしいです。
そこここに引っ掛かる文言が有りますが、それも色んな取り方が出来ますな。
引っかかる事に関しては、また後ほど。



今は只・・・・・・。

「(イギリス側の)スタッフの皆様、ご苦労様でした。」と。
スポンサーサイト
[ 2008/05/07 08:53 ] F1&琢磨 | TB(3) | CM(4)

秘゜美さんへ☆

返事が遅くなってすみません。


>すべてが終わっちゃいましたね(´Д⊂グスン

琢磨はまだ終わんないよ!!

まぁ、ホンダは“バトンゲート”の時に切ってくれても良かったんだよね・・・。
今、琢磨を切ると、この上なくイメージダウンですから、切らない(切れない)でしょう。
早い所、無駄飯食いのアノ人を更迭するのが得策でしょう。
[ 2008/05/16 08:36 ] [ 編集 ]

スーパー1さんへ☆

返事が遅くなってすみません。

まぁ、あのチームに関しては、「期限付きの参戦」
と最初からアグリも明言してましたしね。
ただ、実際にこう言う無くなり方はねぇ・・・。
[ 2008/05/16 08:27 ] [ 編集 ]

あぁ~…

すべてが終わっちゃいましたね(´Д⊂グスン

(´Д`)

トップ目指すのなら
今回の件は、ホンダとの縁を切る絶好の機会だ…
と、ウチの旦那さんが言ってました……
[ 2008/05/07 20:58 ] [ 編集 ]

容量が多くて

携帯では最後まで読めませんが、内容は把握しています。

こんな終わり方するなんて!
残念です。
(ToT)
[ 2008/05/07 10:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gymkaniann.blog46.fc2.com/tb.php/291-748604ab


SUPER AGURI F1 TEAMにありがとう!【追記しました】

覚悟はしていたものの、非情な現実を突きつけられてしまいました。参戦自体が奇跡と言われ、その後も綱渡り的な運営にもかかわらず何度も危機を乗り越えて素晴らしいレーシング・スピリットを見せてくれたスーパーアグリでしたがついに力尽きてしまいました。本当に残....
[2008/05/07 09:09] URL 佐藤琢磨応援日記\'08

【アグリさん】についてサーチエンジンで検索してみると

アグリさん に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…
[2008/05/07 12:49] URL 気になるキーワードでブログ検索!

SAF1終焉会見。(全文)

鈴木亜久里代表「レースのできないF1には戻らない」(Yahoo!スポーツナビさんより)  自動車F1シリーズのスーパーアグリ・ホンダが6日...
[2008/05/08 22:04] URL カンジのあなた!(H氏公認)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。