スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京都、桜めぐり(副題:桜祭りだワッショイ!ワッショイ!) 

今年は、勤務シフトとお天気と開花時期に恵まれて、
色々な場所に行く事が出来ました。




さて、怒涛の桜祭りと行きましょうか。
(笑)



まずは、先週金曜日に醍醐寺に行って来ました。
平日でも、結構な人出でしたねぇ。

08-04-04 008




入ってすぐに在る三宝院に入ってみました。

門をくぐってすぐ、素晴らしい枝垂れ桜が有ります。
これは必見ですよ!!
08-04-04 013


本当に素晴らしく、見事な桜です。



この三宝院、庭園が綺麗で観光客も非常に多く訪れます。






・・・・が、





さつきん!!(撮影禁止)でございます。

・・・・・・・・・・・_ノフ(、ン、)_


内部はさながら、某北と南の境の如く(笑)、叔母様達の監視員が睨みを効かせて
「撮るなやゴルァ!(`д´)ノ」光線を出してはります。(笑)

ん~、残念。本当にキレイなんだけどなぁ・・・・。
なんでダメなんでしょうね?減るもんじゃ無し。
多分、海外の観光客には特に不評でしょうね。

08-04-04 016



三宝院の裏手の庭も綺麗です。
桜だけじゃなくて、四季折々の花々が植えてありました。

08-04-04 022


08-04-04 044

08-04-04 046



庭では、お抹茶を頂く事も出来ます。
08-04-04 025


ええ、折角なのでいただきました(笑)
08-04-04 029



で、先程の枝垂れの裏側なので、何となく裏に周ってみた。








ら!



08-04-04 048

08-04-04 053


この迫力!!
表から見る女性的ないでたちとはうって変わって、なんとも雄々しい。



08-04-04 055


開く桜に散る桜、生きるこの世の儚さかな・・・・。





08-04-04 060

何度か火災に遭った醍醐寺の中で、この五重の塔だけは
一度も焼ける事無く現在に至るそうです。
醍醐天皇の菩提を弔う為に建てられたとか。


08-04-04 065



この醍醐寺、本来は山頂に建てられた寺院から始まりました。
↑で紹介した辺りを「下醍醐」
やまの上を「上醍醐」と呼びます。
今でも醍醐信仰として、この山に上る方が絶えません。
折角だから・・・・と登ってみましたが・・・・・
ええ、もう行きません(笑)

・・・、ええ、日頃の運動不足の賜物でしたよ、それが何か?(笑)

08-04-04 087


山から降りたら、もう夕暮れです。



帰宅すると、もう日が暮れてました。
いつも通る公園も、真っ暗・・・・・・・・・・・・・・・?


アレ?

08-04-04 097


桜が明るい!(笑)

この公園、ライトアップなんてやってたっけ?



08-04-04 096

08-04-04 106

08-04-04 111


じつは、この隣の某国営放送局(笑)の支局がありまして、
そこの職員さんが、毎年満開になる時の週末に一日だけこうやってお花見をするそうです。
たまたま、その日に居合わせたんですね。
どおりで、ライトが素人じゃ持てない様な物だった訳だ。



やるじゃん!N○K(笑)






さて、桜まつり、まだまだ続きます。


スポンサーサイト
[ 2008/04/10 10:37 ] 京都便り | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gymkaniann.blog46.fc2.com/tb.php/279-880eeb99












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。