スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

そうだ!京都へ・・・・・・・来る? 

さて、久々に京都ネタです。


今年は、いつまでも温かく、いつまでも紅葉が色付かない状態でした。
先週辺りから、急に冷え込んできましたが、
ようやく色づき始めたものの、時既に遅しだったみたいで・・・・・・。
赤ではなく茶色い景色が・・・・。

色が付く前に枯れ始めてしまって、中途半端な紅葉です。


街中の銀杏の木も、色づきが悪かった。

07-11-21 001_edited




黄色と緑のコントラスト・・・・・・・と言えば聞こえは良いんでしょうか?



07-11-21 010_edited

(写真は11/21に撮影)


つか、色が変わる前にもう枝を落とし始めてます。


(今日現在、もう枝のみです)







なので、山の方へ行ってみました。
11/23に、鞍馬山に向かいました。

下賀茂神社の近く、出町柳から叡山電車(叡電)に乗って、一路鞍馬へ!!


07-11-23 001_edited




・・・・・と、思ったら、普段は静かな駅が大混雑!!!!
入場制限までする始末でした。
まぁ、それでも2、30分で電車に乗れました。
二両編成の小さな電車、のどかなローカル線の風情です。




が、中は通勤ラッシュの様相!!(笑)
それでも、小さな電車君は健気に動いて行くのでした。

出町柳を後にして、暫くは街の中をすり抜けるのですが、
段々と建物が減り、木々が増えてきます。
そして、線路の勾配もきつくなってきました。
駅に着く度、開くドアから入って来る空気が冷たく、
そして、清々しくなってきます。


鞍馬に着く手前で、電車は紅葉のトンネルを通ります。

07-11-23 002_edited



通勤ラッシュの中、たまたま最後部のガラス越しに立てたので、
何とか一枚・・・。







そして、鞍馬に到着。
ん~!空気が冷たい!!!
でも、澄んだ空気が気持ち良い!!!!

07-11-23 006_edited




駅を出ると、人、人、人・・・・・、
まぁ、シーズンなんで当然では有るんだけどね(笑)







そうそう、駅前の土産物屋の軒先に、こんな物が・・・・・
07-11-23 007

・・・・・、まぁ分る人だけ笑って下さい。
(分る人はそれなりに年齢が・・・・:爆)






駅から、鞍馬寺に。

07-11-23 010_edited


山門を潜ると、凛とした空気が漂います。
ここから鞍馬山頂まで、ハイキングも兼ねて、登って行きます。
人が多いので、ゆっくりと景色を楽しみつつ・・・・とは行きませんでしたが(笑)

ので、

本殿金堂まで一気に到着!!(笑)

ここが山頂ではなくて、中腹位ですかね。
視界が一気に開けて、見晴らしの良い場所の金堂が建っています。


07-11-23 022_edited



07-11-23 023_edited



ここまで来たら、鞍馬山を制覇してしまおう!


と、更に奥へ奥へと・・・。



金堂から先へ進むと、更に空気が変わりました。
何となく、鞍馬山信仰と言う物が分かったような分らんような・・・。
(一回来た位で何を言ってんだろう:汗)

この山自体が、パワースポットですね。
少なくともオイラはそう思う。
そのパワーを感じられる(吸収出来る)かどうかは本人次第でしょうけどね。




金堂までの参道と違って、道は急で狭く、そして鬱蒼と木々が茂って、
全く違う場所に来たかの様です。

07-11-23 030_edited



流石に、息が上がりますね、コレは。(笑)





鞍馬山と言えば・・・・


07-11-23 037_edited




そう、木の根道。
かつて、牛若丸が兵法の稽古をしていたとされる所です。
地盤が岩盤層の為、杉が下に根を張れなくて、横に横にと伸びる内に
こんな風になって行ったみたいですね。

07-11-23 040_edited




07-11-23 041_edited






その木の根道も、今回に限らず、踏みまくられて可哀想な姿になってます。


木の根道の辺りから道が下り始め、その勾配も急な物に。
鞍馬側から上ると、九十九折れの道で段々と上りますが、
貴船側からは一気に上る感じですね。
鞍馬山を登られるなら、鞍馬側側からをおススメします。

木の根道から奥の院(人が多い上、暗くて写真が・・・)を越えて、
サクサクと下って行きました。
川の音が聞こえて来たら、もうそこは貴船です。
貴船側に降りると・・・・・

駐車場を求める車の列・・・・・・・。
普通でも離合が難しい道に、サンデードライバー臭な車が・・・・・。


















・・・・・・・・・・、アレ?紅葉わ?















だって、今年は綺麗じゃないもの!!(笑)















そんな京都に、









「そうだ、京都へ来る?」




(笑)







スポンサーサイト
[ 2007/11/27 10:37 ] 京都便り | TB(0) | CM(13)

マン次郎さんへ☆

それは何よりでしたね。
オイラ達は、以外と行かないんですよね、大原って。
観光シーズンなんて、近寄りませんし(笑)
静かな時の大原は凄く好きですけど。

ひこにゃんは、何やら原作者と行政で
大人な問題が発生してたみたいですね。
著作権だかなんだか・・・・・・。
[ 2007/12/03 07:53 ] [ 編集 ]

こるさんへ☆

あ~、懲りてませんか?やっぱり?(爆)

まぁ、変なモンが写ってても、「気にしな~い!」
のがよろしいかと。(笑)
世に出てる変なモンのほとんどが気のせいですから。

で、逆は流行りなのか?
ひょっとして、周りの年齢層の問題でわ?(怖)

[ 2007/12/03 07:47 ] [ 編集 ]

大原はよかったそうですよ。満足して帰ってきました。

ひこにゃんは見ましたよ。
あ、でももう終わったのでわ…?
[ 2007/12/01 17:18 ] [ 編集 ]

タイトルと名前が逆なのは何気に流行っているかもすれんぞ?(汗)

そうです。川沿いを歩いているカップルですが、バンカラとかハイカラとかデモクラシーとか(違)。
京都ってだけでタイムスリップしたみたいに私の頭の中野にしっくりと。

良い感じの写真です(*^^*)

あ~、ヘ(・・;)モシモシ、水は写真に撮らない方が良いらしいですよ。
私は懲りていませんが(笑)
[ 2007/12/01 11:55 ] [ 編集 ]

郁代~!(笑)

タイトルに【行くよ~!】って書こうとしたら郁代さんが出てきはって(笑)つい下に使うてみたのんw

今日はタイトルと名前どっちがどっち?
[ 2007/11/29 16:18 ] [ 編集 ]

マン次郎さんへ☆

大原ですかぁ!
寒いかも?(笑)

彦根でひこにゃんには会えましたか?
間もなく見られなくなるぁも知れないので、
貴重ですよ。
[ 2007/11/29 10:22 ] [ 編集 ]

こるさんへ☆

え~と、タイトルと名前が逆ですが?(笑)

お泊り禁止?生娘じゃ有るまいし・・・(爆)
いやいや、夜行で来て夜行で帰る?
確か「ちくま」とか言う夜行列車が・・・・。

大正?・・・・・・ああ、バンカラっぽく見えるのね?
言われてみればそんな風にも見えますね。
まぁ、川の中に顔は見えませんので、ご安心を
(核爆)
[ 2007/11/29 10:19 ] [ 編集 ]

ゆみちんさんへ☆

来月・・・・ってもあと数日ですが?(笑)

12月の初旬なら、紅葉もまだ見られそうですよ!
あまり奥地では無理ですけど。
錦は12月下旬は、お勧めしません。
エライ目に逢いまっせ(笑)

雪は大丈夫そうだよん。
[ 2007/11/29 10:12 ] [ 編集 ]

郁代(tantoさん?)さんへ☆

京都の楽しみ方は、色々ですからね。
その日、気が向いた時に行きたい場所に・・・
も良いでしょう。
ユックリ、ノンビリお越し下さい。
[ 2007/11/29 10:04 ] [ 編集 ]

明日…

行きます!

オイラじゃなくてヨメが……。
大原の方へ行くらしい。

先週は夫婦で彦根城に行って少しばかりの紅葉(&ひこにゃん)を楽しんで来たばかりですけどね…。

う~ん、行きたいな~、京都。
[ 2007/11/27 23:59 ] [ 編集 ]

こる

そんな京都、行きたいなぁ。

でもお泊り禁止の身の上につき(笑)
ジムさんの温まる京都の写真でも拝見して、心和ませて頂きたく存じます。

しかし、カップルの姿が我大正の時代(お決まりにて)を思い出させ、ついクリックなんかしてみたらなんのこたない、現代のカプールでした。

こちら連日零下にて心も懐も凍えています。
[ 2007/11/27 21:58 ] [ 編集 ]

来月に♪

こんばんは、久々おじゃましまーす!!

はいーっ、来月に姉家族とお母さんとで行きますわよ~(^0^)v
紅葉はもう無理として、どこに行こうか行き先を決めています。
でもみんな、行った事あるとこばっかだから「どこ行く~?」となかなか決まりません。
昨年行った錦市場は楽しかったのでまた行きたいな。

あとは雪が心配…。
[ 2007/11/27 21:30 ] [ 編集 ]

イキマス

こんにちは。ふらりひとり旅、二泊三日(内一泊は無駄使い?w)版画のような京都をはんなりと過ごせたらいいですね。中途半端な時期では有りますが楽しみ方はそこ儚くて底無しに有りますよね。何気ない京が好きです。何処へ行くか出はなく目覚めて足が気持ちが行けるところ。只道行くおばあちゃまを只眺めてるだけで時が過ぎゆくやも。それもまた佳きかな。
ちょっと、たわわちゃんにツボ、はまりんこ。(笑)
[ 2007/11/27 14:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gymkaniann.blog46.fc2.com/tb.php/252-41d34ca7












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。