スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やっと来た!! 

Fポン第3戦、茂木ラウンド。





とうとう!













あの野郎が!!!!
















来たじゃねえか!!!!











07fpon-motegi-03.jpg




小暮卓史!!!








昨年予選番長の称号を欲しいままにした、暴れん坊将軍
今期は古巣中嶋企画に復帰し、インパルの牙城を崩す
急先鋒として期待されていた。(かな?)



しかし、昨年からの懸念であったホンダエンジンの燃費
の悪さが克服出来ず、開幕からトヨタ勢に差を付けられる。

・・・・・・・・。



中企は数年前から、奇策を取る事が度々ありました。
その中に、通常1ピット戦略を取る所、
2ピット戦略で勝負に出る・・・と言う物。
何度か試みたものの、成功には到りませんでした。

問題は予選順位が大きかったと思います。
(今回のインタビューで小暮も語ってますが)
中段グリッドからスタートすると、作戦が生きて来ないんですよね。
前の車を追い越すロスが多過ぎて最終的には1ピット勢に
負けるんです。




ところが今回、小暮予選順位は3番手。
もしかしたら・・・・・・、
と淡い期待を抱かせました。



で、結果・・・・・・・。

全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第3戦はツインリンクもてぎで62周の決勝レースが行われ、3番手スタートの小暮卓史が自身2度目となる優勝を飾った。2位はアンドレ・ロッテラー(DHG TOM'S)、3位は松田次生(mobilecast IMPUL)となった。

 絶好のレース日和となった日曜午後のツインリンクもてぎ。予定通り14時30分にフォーメーションラップが開始された。

 注目のスタートでは、フロントロウの2台が好スタートを切り、ポールの松田が1コーナーをトップで通過。2番手本山哲(Arabian Oasis IMPUL)も続くが、3番手の小暮が1周目から早くも仕掛ける。まずは、90度コーナーで本山をパスすると、2周目の同じコーナーで今度は松田をオーバーテイク。一気にトップに浮上した。またアンドレ・ロッテラーも本山をかわし3番手に順位を上げると、さらに松田も抜いて2番手となった。後方では井出有治(ARTA)がエンジンストールで出遅れ、片岡龍也(LeMans)も3コーナーでコースオフ、リタイア第1号となった。

 序盤からトップに立った小暮は、その後ファステストラップをマークしながら2番手以下を引き離していく。5周目には2番手以下に早くも7秒のギャップを築き、独走態勢を築いていった。逆にフロントロウスタートの本山はジリジリと順位を落とすと、コースオフまで演じて一気に8番手まで後退。優勝戦線から早くも脱落してしまった。
 
 レースは2ピット作戦が予想される小暮が周回を重ねるたびに後続との差を拡げていく展開に。その小暮は唯一、1分39秒台をコンスタントにマークし、35秒以上のマージンを持って28周目に1回目のピットインを行う。2番手松田の後ろに復帰した小暮は、その翌周にあっさりと松田をかわすとさらにペースアップ。1分38秒台のタイムを刻み、2回目のピットインへ備える。
 トップグループが1回目のピットインを終えた時点の順位は小暮、ロッテラー、松田、ブノワ・トレルイエ(mobilecast IMPUL)、本山というトップ5。10番手スタートのトレルイエは持ち前の速さで徐々に順位をあげ、4番手までポジションを上げてきた。

 小暮は39周目にこの日のファステストとなる1分38秒785をマーク。50秒という大量のマージンを築いて42周目に満を持して2回目のピットイン。ピット作業もミスなくこなし、余裕をもってトップで復帰した。「生意気ですけど、クルージングで1分39秒台でした」と語った小暮が、その後のレースも余裕の走りを披露しそのままチェッカーを迎えるかに思われた。だが、残り15周あたりで、突然ピットに小暮のタイヤが用意される。何かのトラブルか!? とサーキットに一瞬緊張が走ったが、小暮はそのまま続走。どうやら無線のトラブルだったようで、しばらくしてタイヤもガレージ内に戻された。

 そしてレースは完璧な2ピット作戦を決めた小暮がついにトップチェッカー! 昨年の悔しさを晴らし、自身3年ぶり(2004年開幕戦鈴鹿以来)2度目の優勝を飾った。2位はロッテラー、終盤チームメイトとの激しいバトルを制した松田が3位表彰台を手にした。最後尾スタートのロニー・クインタレッリ(INGING)が粘り強い走りで5位入賞。本山は6位に終わった。




 

07fpon-motegi-01.jpg






07fpon-motegi-02.jpg








07fpon-motegi-04.jpg










それにしても、インパル勢以外が勝つと気分が良いですな!(爆)

更には勝ったのが小暮!!
いや~見たかった!!(爆)


この勢いでインパルの壁を叩き壊せ!!!!!

いや~今年も楽しいぞFポン!!F1も良いけど
Fポンも見ろって!!




2007 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第3戦 
ツインリンクもてぎ 決勝結果


1 32 小暮卓史      HONDA  PIAA NAKAJIMA   62
2 36 A.ロッテラー    TOYOTA DHG TOM'S     62
3 2 松田次生      TOYOTA mobilecast IMPUL 62
4 1 B.トレルイエ    TOYOTA mobilecast IMPUL 62
5 33 R.クインタレッリ  TOYOTA INGING      62
6 19 本山 哲      TOYOTA ArabianOasisIMPUL 62
7 20 M.クルム      TOYOTA ArabianOasisIMPUL 62
8 4 J-P.デ・オリベイラ TOYOTA CARCHS KONDO   62
9 8 高木虎之介     TOYOTA Team LeMans    62
10 56 金石年弘      HONDA  ARTA       62
11 40 B.ビルドハイム   HONDA  DoCoMo DANDELION 62
12 11 立川祐路      TOYOTA RECKLESS CERUMO  62
13 34 横溝直輝 TOYOTA INGING      62
14 12 佐々木孝太     TOYOTA RECKLESS CERUMO  62
15 37 荒 聖治      TOYOTA DHG TOM'S     61
16 55 井出有治      HONDA  ARTA       61
17 5 平中克幸      HONDA  SG 5ZIGEN     61
18 6 吉本大樹      HONDA  SG 5ZIGEN     59
 ー 以上 規定周回数完走 ー
- 3 柳田真孝       TOYOTA CARCHS KONDO    3
- 31 L.デュバル     HONDA  PIAA NAKAJIMA   1
- 41 F.カルボーン    HONDA  DoCoMo DANDELION  1
- 7 片岡龍也      TOYOTA Team LeMans    0


天候:晴れ 路面:ドライ

PENALTY
No.37 2007年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン統一規則第27条14.(反則スタート)により、ドライビングスルーペナルティを課した。(裁定時刻14:40)
No.37 2007年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン統一規則第28条11.(ピットレーン通過速度)違反により、ドライビングスルーペナルティを課した。(裁定時刻15:55)







スポンサーサイト
[ 2007/05/21 08:36 ] 国内レース | TB(1) | CM(8)

スーパー1さんへ☆

次男君はアレですな。

「日本二速い男」

を目指してるんでしょう。(爆)

[ 2007/05/22 10:26 ] [ 編集 ]

マン次郎さんへ☆

いっそ去年は無かった事に・・・(爆)

今年の終わり頃には、「小暮ばっかり勝ってツマンネ!イソパル!たまには勝て!!」

とか言ってたいですがね。
・・・・・・・無理でしょうけど(爆)

次男君・・・・・1位の壁は厚いようですな。
[ 2007/05/22 10:24 ] [ 編集 ]

beachさんへ☆

いや~今回のは動画で(或いは生で)観たかった!!
次は何時になるか分らんしね!(爆)

この勢いが続けば今年こそ・・・・・!!!
[ 2007/05/22 10:20 ] [ 編集 ]

ここさんへ☆

井出っちねぇ・・・・。
記憶に残る走りが無いですね。
悪くは無い・・・・・・
けど、良くも無い(汗)
国内に帰ってから、ギラギラ感が抜けちゃいました。
車なりの走り・・・・ですね。


[ 2007/05/22 10:18 ] [ 編集 ]

来ましたね。

小暮君って速さはありますからね。

歯車さえ噛み合えば勝てるんですよね!


しかし次生君…。
(T_T)
もしかしてエンジニアがこういうキャラの人なんですか?
(-o-;)
[ 2007/05/22 00:37 ] [ 編集 ]

やっと…

来たねぇ~。

このまま小暮が勝ち過ぎてつまんね~って展開になって欲しいですね。あり得ないと思いますが(爆)

気になるのが松田くんで、ポールから勝てない病が伝染したかしら…
[ 2007/05/22 00:16 ] [ 編集 ]

早々に

トップに躍り出てからの2位との秒差、広がる広がる!
こんな気持ちいい数字はなかったよ(笑)。

モナコもそりゃ待ち遠しいけど、
今年は小暮君の逆襲!(っていいのか、笑)も楽しみ。
[ 2007/05/21 22:46 ] [ 編集 ]

また来たん?w

お久しぶり!(-^〇^-)


次々キタ!ね!!そのキタ運を、いでっち~にも分けておくれよぅ。ジムナイト君の記事の中にしっかり書いて貰えるレースして欲しいな~番付だけじゃなくてね~(笑)


再放送で、おいやはぎ(^ω^* 三 *^ω^) イエイエ♪継ぎ接ぎ何度も楽しんでます!
[ 2007/05/21 22:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gymkaniann.blog46.fc2.com/tb.php/203-28812b54


小暮君 優勝!!

日曜の午後、フォミュラーニッポン ゆっくりとテレビで観戦しました。小暮君 ’04年の開幕戦以来  ひっさびさの優勝!! <AUTOSPORT WEB より>                  
[2007/05/21 22:48] URL それぞれのココロとカタチ










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。