スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

さて、落ち着いた所でスペインGP 

え~っと、誰が勝ったんだっけ?(爆)






 07f1-r4-11.jpg



アロンソ?キミ?ハミだっけ?


・・・・・・、え?マッサ?



ずっと、キミが走ってるのかと・・・(爆)

しかしこれで、またまた「ポールからしか勝てない伝説」
に新しいページが刻まれましたね(爆)



だからこそ・・・・・

07sp-01.jpg


スタート後の攻防で必死になりますわな。
アロンソに前に出られたら、そこでマッサのレースは終わってたからね


だってねぇ、よう抜かんでしょ?マッサは?(爆)



アロンソも、それは分かって強引に行ったんでしょうね。





以下、アロンソとマッサのインタビュー


フェルナンド・アロンソは、スペインGPオープニングラップでのフェリペ・マッサとの接触について、1コーナーでは自分が前に出ていたと主張している。一方のマッサは、インを取っていた自分に優先権があったと考えている。

 アロンソはスタート後、ポールシッターのマッサのスリップに入り、コーナーアウト側から追い抜きを試みた。しかし、エイペックスでマッサに並びかけたところで両者は接触、アロンソはグラベルにはみ出し、4位でコースに復帰することになった。
 接触事故に関して意見が分かれるのは常だが、今回も同様で、マッサは行き場がなかったためスピードを落としただけで、悪いことは何もしていないと主張、一方のアロンソは、あのコーナーで前に出る権利を持っていたのは自分だと信じている。

「かなりタイトだった」とアロンソ。
「2台はほとんど同じようなスタートを切ったと思う。でも、フェリペの後ろについた時、スリップストリームのおかげで、僕の方がちょっと速かった。アウト側のラインを取り、ブレーキングを遅らせた。1コーナーでは僕の方がかなり前に出ていたと思うよ。でもあいにく彼はそう思わなかったらしく、2台は接触してしまった」
「ふたりとも完走できてラッキーだったと思う。この手の事故では、99パーセントが2台そろって1コーナーでレースを終える羽目になるからね。こういうことはとても危険だと思うことがある」

 アロンソはその後、最後の部分に関して多少補足説明を行っているものの、マッサのアクションが強引だったという主張は曲げていない。
「僕が言っているのは、この手の事故では99パーセント、2台ともが1コーナーでレースを終えるだろう、ということだ。GP2を見ても分かるとおりにね。選手権争いをしている時に、1コーナーでこれほど強引なアクションが起こるととても危険だと思う、と言いたかっただけだ。今日は1台は優勝、もう1台は3位に入り、両方とも完走できてラッキーだった。そのおかげで、今回の事故の重要性はいくらか低まるだろう」
「僕が何か失言するまで、質問され続けるんだろうが、そういうことは言わないよ。僕が言いたいのは、あれはレースにおいてかなりリスキーな場面だったということだ。僕の方が相手のマシンよりちょっと前に出ていたと思うけど、運悪くあの1コーナーで僕はリタイアしかけた」

 当然ながらマッサの見解はアロンソのそれとは異なっている。彼としては、自分があのコーナーでポジションをキープする権利があったと考えているのだ。
「2台はちょっとタイトな状況にあったけれど、僕はインを取っていたのでそのまま行った」とマッサ。
「ふたりともかなりリスキーだったが、コンペティションなどあらゆる面で1コーナーは重要だ。マレーシアの時みたいに負けたくはなかった。僕はイン側にいて、ラインをキープしただけだ」
「2台はかなり接近していた。フェルナンドが僕をイン側にプッシュしようとしてきて互いに接触したんだ。ごく軽い接触だったけれど、その後ずっとマシンのことが心配だった。でもインにいたのは僕だ。僕がイン側のラインを取っていたんだから、彼の主張は理解できない。あれはただのレースアクシデントだ。僕は、1コーナー進入でインを取っている以上、ラインを変えるつもりはない。そこからどくつもりはないよ。もしアグレッシブなアクションを取った人間がいるというのなら、それはフェルナンドであって僕ではない」

 アロンソは、そのアクシデントはスチュワードの審議の対象になり得たとほのめかしてはいるものの、解釈は分かれるだろうことは認めている。
「よく分からないけど、スチュワードは少しは動いたんじゃないかな。去年のモンツァで僕は他車の0.5kmも先を走っていたのに取り調べを受けたんだ。でも今年は彼らは過剰な調査はしないかもしれないね」
「あの事故に関しては、それぞれ意見が異なるのかもしれない。でも、僕のマシンを見れば、サイドポッドとリヤサイドで接触しているのが分かる。つまり、誰が見ても、1コーナーに先に入ったのが誰なのか、一目瞭然だ」

 しかし、このクラッシュによって互いのコース上の関係に変化があるかという問いに関しては、両者の意見は一致している。
「なにも変わらないよ」とアロンソ。
「レースをしていれば、こういうことは起こる。繰り返しになるけど、こういったことがあると2台ともフィニッシュできないのが普通だ。だから、ふたりとも完走できてラッキーだった。だからって、(結果は)何も変わらないけどね」




・・・・・、まぁどっちもどっちのいわゆる


「れーしんぐあくしでんと」


なんだけどね。
何だか二人の言い分を聞いてたらプロストが二人居るみたいだわ(爆)

アロンソもこんな細かい事をグダグダ言ってるようじゃ今年は
ダメでしょうね。

この二人・・・・・やっぱりホント小物だわ。
後ろから若いベテラン君がせせら笑ってそうだ。







07sp-02.jpg

この時点では若干アロンソが前ですね。
ただ、前に居るからって、閉めて行って良い距離じゃない。
マッサもここで引けない、引ける訳が無い。







当然・・・・・
07sp-03.jpg


ぐにょ!

となりますわな。
マッサはこれ以上インには寄れない、
アロンソは一台分の隙間も開けなかった・・・・・。










で、報復とばかりに・・・・

07sp-04.jpg


外に膨れるマッサ。(ラインが不自然)
アロンソの行き場を閉めて行く。






これがシューミからのアドバイスだったのか!(爆)





07sp-05.jpg


で、ここまで来て急にステアを切ってる。
(タイヤの向きが・・・・)
アロンソ成す術無し・・・・。














07sp-06.jpg


で、こうなる訳だ。
シューミ仕込みの返り討ち大成功!(爆)
















07sp-07.jpg


ただ、ここでアロンソが戻ってきたのは予想外だったか?
良く無傷で戻ってこれたもんです。



これで勝負有りでしたな。

それにしても、敢えてかタマタマか、この二台と距離を取った
キミとハミ。

二人は舌打ちの一つもした事でしょう。(爆)
「チッ!二人とも無事か」ってとこでしょうか?


しかし、このアロンソの砂煙の影響か
この後ろで接触があったのはお気の毒でしたな。

まぁ、縁石で跳ねて接触してしまった某メーカーの二人
よりはマシでしょうか?(核爆)





それにしても、荒れた内容でしたな。
地上波の放送の前にBSでやってた「S-GT」を観たんだけど
もうGTの続き?と思う位の荒れたレースでしたわ。(笑)

しかし、GT(富士)は相変わらずですなぁ・・・・・
火が出た車の消火をドライバーがやってるって、どうよ?
マーシャルの消化器が重くて一人では運べなかったのか?

更には、その時サーキットのモニターが動かなかったって・・・・
(映像を意図的に流さなかった)
ト○タさん、本気でやる気有るのかね?
臭い物には・・・・・ですか?

体質は変わりませんね。上の方々は。






で、F1に戻って・・・・・・


07f1-r4-10.jpg


あ、特に上の画像に意味はありません。(たぶん)







今回の目玉は、やっぱりこれでしょう!!!



07f1-r4-09.jpg

佐藤琢磨が大金星の8位入賞!!!!!!!!!



予選でのトラブルが悔やまれますが、結果オーライでしょう。
昨年の今頃は、抜かれる所がチラッと映るだけでしたが、
今回は、国際映像でもバンバン映ってましたね。
こんなに映るのは、04年のUSGP以来でしょうか?
マッサなんて、ピットで火が出た時と、最後の最後だけ。(爆)
琢磨ファンじゃなくても、今回の琢磨は注目だったって事だ。

ゼロからチームが出来て、1年とちょっと・・・。
あっと言う間にこんなところまで来た。
設備も人員もノウハウも予算も、雲泥の差が有るチームを
相手にして、決してひけは取ってない結果です。


何年もダラダラと予算を何百億も使って、今期まだ1ポイント
も獲得していないホンダさん・・・・・・。
オイラは嬉しいけども、複雑だよ。
風通しを良くしたつもりが、却って悪くなってるんじゃないの?
来季の琢磨は本家に・・・・と思ったけど
このままじゃ、スーアグに居た方が良いよねぇ。



07f1-r4-07.jpg

ともかく、琢磨の才能とセンスを存分に発揮出来る環境で・・・・




たかが8位では有るけども、このチームには優勝にも値する
大きな1ポイントです。
P8-1PT-03.jpg










8位でこの騒ぎだったら
もし表彰台に上がる事になったらどうなるんでしょう?(爆)
P8-1PT-02.jpg














P8-1PT-01.jpg

ミンナ本当に嬉しそうな顔してます。










次戦はモナコです。
昨年のモナコではどうしようもない車でしたが、
今年は楽しみですね。



って、今年行きたかったよ!!!モナコ!!!!(叫)














しかし、今回のスーアグの大躍進の原因って・・・・・・・














もしかしたら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






























コレ?↓


07f1-r4-06.jpg



(爆)


昨年のハンガリー、ホンダの優勝に次いでこれですから。
いや浜ちゃん毎回頼むわ!!マジで!!(爆)










あ、トヨタさん、それじゃダメでしょ(爆)
07f1-r4-08.jpg


金有るんだから、モーターホームに浜田神社でも建てたら?(爆)








あ、モーターホームも凄いね。
次回はその辺も・・・・・・・。







スポンサーサイト
[ 2007/05/16 14:21 ] F1&琢磨 | TB(1) | CM(6)

スーパー1さんへ☆

まぁ、二人とも譲れない状況だったのは理解出来ますけどね。
「まぁ、レースやってりゃこんな事も有るよ!」
位にドッシリとしたコメントが聞きたかったね。

富士は・・・・・変わらんね。

[ 2007/05/19 00:20 ] [ 編集 ]

ビートニクさんへ☆

若いベテランって感じでしょ!(笑)

琢磨にツッコミ?スタート失敗した。(笑)

[ 2007/05/19 00:16 ] [ 編集 ]

せなっちさんへ☆

何となく不自然でしょ?マッサ君。

勝ち星無しでポイントリーダー・・・・
片や2勝してランキング3位・・・・・。

なんだかな。(爆)

琢磨の8位は立派ですよ!ホントに素晴らしいです!
[ 2007/05/19 00:07 ] [ 編集 ]

まあ

こういうケースの接触ってお互いに言い分は有るんでしょうが、外から見てるとレーシングアクシデントですよね。
(^_^;)

あっ!GTの火災については別の場所で書きましたが、太田さんはあれを見てどう思ったんだろう?
(>_<)

最後にもう一度言います。

琢磨君、おめでとう。グッジョブ!
(o^-')b
[ 2007/05/17 14:39 ] [ 編集 ]

このレース

>若いベテラン君
これピッタリ!
見ていて安心な走りはチームボスが喜ぶタイプですな。

マッサもバトンもその他も、今回は突っこみ所がいっぱいなんだけど、琢磨に関しては言うこと無いんだよね♪
良かった。それだけ!
[ 2007/05/16 21:01 ] [ 編集 ]

う~ん。( °- °)

この連続写真だと、マッサのラインの不自然さがよく判りますね。(;^_^A

例年にない混戦となっている今季のF1ですが。
勝ち星無しでポイントリーダーとなった、若きベテラン含めて
どんぐりの背比べに思えてきました…。( ̄□ ̄;)!!

今更ながら、ミハエルの存在のデカさを感じています。

タナボタじゃなくて堂々のポイントゲットだと思っています。
久々に喜びが爆発している琢磨をみましたね。ヾ( 〃∇〃)ツ

[ 2007/05/16 19:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gymkaniann.blog46.fc2.com/tb.php/202-4538f0f9


スペインGP 決勝 追記アリ□

スペインGP決勝:リザルト・ファステストラップ・ラップチャート 琢磨 ポイントゲット!!
[2007/05/16 21:02] URL beatnicの密かな憂鬱










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。