スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

琢磨にインタビュー 

とあるケイタイサイトに琢磨のインタビューが掲載されてました。







・・・・・、以上!( ̄^ ̄)y-~




(爆)


いや、勝手に転載出来ないからね、
ホラ、最近何かとウルサイでしょ?


だから、絶対に続きを読まないでね。
(笑)

佐藤琢磨インタビュー


スーパーアグリの誕生と、存続の為の戦いは
06年において、最も強烈なストーリーだったと
言えるだろう。
誰もがF1に新チームがエントリーすると
思わなかった時に、突如現れ、更にそのコンセプト
から数ヶ月後のバーレーンのグリッドにマシンを着けた。

ここまで成し遂げたのは驚くべき事だ。
一人のドライバーの不運が、チーム設立を促し、
それにより、彼のキャリアは復活を遂げた。

佐藤琢磨は、困難なシーズンの中最善を尽くし、
多くの人に強い印象を残した。
良いマシンに乗っている時に欠けていたように思えた
判断力と粘り強さを発揮した。

昨シーズン末には、琢磨の評価は下降していた。
ホンダが琢磨を放出した時、琢磨が移籍先を見つけられるか
は疑問だった。

勿論、琢磨の抱えたトラブルは、
全てが彼のせいだった訳では無い。
しかし、プレッシャーが高まるに連れてミスが増え
バトンには大きく水を開けられていた。
スパでのミハエルとの接触後、
ミハエルから酷くこき下ろされたが、
その言葉が琢磨の評価を物語っていたと言える。





しかし、
熱心な日本のファンは、琢磨の放出に不満を抱いた。
そして彼等の思いがホンダの上層部を動かし、
琢磨の救済策が取られる事になった。
当初は不可能と思われたが、鈴木亜久里が
F1参戦の道を探っていたのもタイミングが良かった。

エンジン供給
技術サポート

を約束され、更に佐藤琢磨の名前を前提に。
と言う状況で
亜久里はチームを作り上げるという奇跡のような
仕事に着手したのだった。




「その話を聞いたのは、ブラジルでした。」



と琢磨。


「その時は、何もかもが信じられなかった。
少し時間が必要でしたね。
実際に動き出すと言う確証が欲しかったから。
でも、みんなホントに一生懸命取り組んでいたので、
シーズン後には、このプロジェクトに関与するだけの
価値は有ると納得できたんです。」


「バーレーンのグリッドに付く事だけでも、
大変だと言う事は、誰もが分かっていた。
本当に小人数だったけど、スーパーアグリ
のメンバーは素晴らしく、ポテンシャルは有った。」




ホンダからは“心配しないで良い。全て面倒を見るから”
と言った保証は貰っていたのだろうか?

「ホンダのサポートが無ければ、
ここまで来る事は出来なかったでしょう。
でも“心配いらない”なって状況じゃなかった。
本当に厳しかった。ご存知の通り、
元々は違うプランが立てられていたからね。
問題を解決すると、次の問題がやってくる。
あの頃は悪夢のような日々だったよ。
でも、僕にとっては素晴らしいチャンスだったし、
最高のチャレンジだった。
厳しい状況だったけど、それが僕らを強くしてくれた」






彼は、BARベースのマシンが使用出来ず、
4年落ちのアロウズで戦うと決まった時は
不安になったと言う。
4年落ちのマシンで走る事に胸を躍らせる
ドライバーなど居るはずもない。


「ホンダのマネージメント体制も大きく変わって、
とても不安定な時期だったんですよ。
そんな時、BARのマシンを使う策は採れないと。
そしたらどうしたら良いの?
突然、アロウズA23を利用する案が浮上して。
1台はメルボルンの空港に展示されていたんだよ。
そこから、レースカーの製作に取りかかったんだ。
信じられないようなプロセスだったけど、
みんな凄く頑張ってくれた!」


「シェイクダウンではほとんどトラブルが出なかった。
その時初めて2.4L、V8エンジンを体験したんだ。
02年にジョーダンに乗っていた頃は、
A23は手強いライバルだった。
だから、そのマシンに乗り込んで違うエンジンで走る
と言う事が信じられなかった。
それでも、初めて走らせた時は、凄く満足感を覚えました。
前日に最終的な契約を済ませていたしね!」




そして、向かえた開幕戦のバーレーンでは、
グリッドに付くだけでは無く、琢磨が完走。
マレーシアでは、スタートを決め、
他車とのバトルもあった。

「バーレーンに向かえるのは素晴らしい気分でした。
誰もが最初は信じていなかったと思うけど、
実際に僕達がそこに居るのを見てもらうことが出来たんだ。
大した問題も無く車検も通過して、予選を戦い
グリッドに付いた。
それだけの事なんだけど、それをやってのけたんだ!
完璧なスタートが切れたよ。
もちろん、色々なトラブルが合って、5回も6回も
ラップされてしまったけど。
でも、少なくともデビュー戦で完走出来たんだ!
最高の瞬間だったね。」


「マレーシアも巧く行きました。
このチームでの2戦目のグランプリで、ちゃんとレースが
出来るなんて思っていなかった。
でも、それが実現し、完走する事も出来た。」





メルボルンでは、誰もが思ってもいない場面が展開した。
琢磨がクルサードとバリチェロの前を走ったのだ!
琢磨はピットストップまでその順位をキープした。

「メルボルンでは、格上のチームとバトルが出来た。
クルサードとバリチェロだよ!!
と言っても、前がクリーンな状況では3秒から4秒
は遅かった。それが現実だったんだ。
僕は“ハネムーン期間”が過ぎたら、周囲が僕達に
ネガティブな思いを抱き始めるんじゃないかと心配していた。
でも、みんな僕達を常に応援し続けてくれて、
とても嬉しかった。
僕達も自分自身の事を信じていたよ。」




「僕達は大きく進歩したけど、SA05の開発はストップ
して、シーズン途中にSA06を投入した。
チームとしても進歩し、ピットストップや戦略も巧くなってきた。
でも、マシンの開発をストップした時はかなりきつかった。
例えば、カナダでは、プッシュしまくった挙句に
ウォールにヒットした。
けれども僕達は、単にグルグルコースを走ってるだけじゃなく
本当にチャレンジングなんだと言う事。
あの時、みんなは僕達がレースをしているんだ!
と、言う事を分かってくれたと思う。」




SA06は進化したマシンだったが、マシンの変化が
信頼性の低下を招いていた。


「中盤から終盤にかけては、かなり苦労した。
でもそれは、ある程度パフォーマンスに目を向け始めたから。
マシンを軽量化した結果、バラストを積む事も出来た。
僕達には大きな進歩だよ。
ただ、正直言ってSA06の真のパフォーマンスは
発揮出来ずにいた。毎回トラブル続きだったからね。
フロアにデラミネーション(*1)が発生し、
常にダウンフォースが不足したり、
ハイドロリック(*2)のトラブルも発生した。」





*1:デラミネーション
層間剥離の事。要するにフロアパネル(床板)が
捲れるんです。
何層かの素材を接着剤で貼り付けてるんですが、
その層と層の間が剥離してしまうんです。
接着剤が悪いんじゃなくて、想定以上の負荷が原因か?
(まぁ、粗悪な接着剤って事も・・・汗)

*2:ハイドロリック
凄く簡単に言うと、「油圧系」の総称。






鈴鹿で母国ファンの前で完走出来た事は、
大きな励みだったようだ。
その後のブラジルでは、琢磨は10位完走。
ベストラップではチームメイトの左近と共に
トップ10に入っている。

「僕達は相変わらずテールエンダーだけど、
少しずつ、前とのギャップは縮めていると思う。
データを見れば追いついてきているのが分かってもらえるだろう。
これはとても重要なことだよ。」




「2006年はチームを作り上げ、みんなが結束を
高める為の準備期間に過ぎないと思ってます。
来シーズンは、同じ状況でいる訳には行かない。
大きく進歩しなければならないし、
僕達には出来ると信じているよ。
何事も一歩一歩進めて行かなければならないけど、
僕達なら巧くやれるよ。
去年に比べれば、かなり良いスタート地点から
始められるからね。」





琢磨は、来年チームは大きく進歩すると
信じている。


「大変だと思うけど、今後数年でレギュレーションが
変わるので、僕達のような弱小チームにはチャンスだ。
上に行ける可能性もあるかも知れない。
どういうタイミングでそうなれるのかは、僕には分らない。
様子を見守るしかないね。
でも、僕達には目標が有る。
ここまで、目標は達成してきたし、
それが一番大事だと思う。」



「ファンからは大きなサポートを受けている。
それは彼等の期待と、心から応援してくれている
気持ちの表れです。
関係者じゃない人達には、実際に僕達が何をしている
のか分り辛いと思う。
関係者でさえ難しいだろうね。僕達はテールエンダーだから。
僕達の状況は厳しいものです。
ネガティブな考えに陥るのは簡単だが、
ファンのみんなはとても我慢強いんだ。
彼等は待っていてくれるし、
僕達のポテンシャルを信じてくれている。
本当に凄いことだと思う。」












あ?読んだ?
いや、消し忘れてしまって・・・・(爆)
もう何処かで公開されてたらスマソ!




スポンサーサイト
[ 2006/12/22 12:35 ] F1&琢磨 | TB(0) | CM(18)

スッカパー

☆祝・スッかパ入会☆
http://blog46.fc2.com/image/icon/i/F99F.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
おめれとうございますぅhttp://blog46.fc2.com/image/icon/i/F99B.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
でっ、もう入ったのかなぁ?

壁に穴あけしないでアンテナ線引っ張れるんだもんねぇ。便利になりました。

これからはモタスポ三昧できますねhttp://blog46.fc2.com/image/icon/i/F991.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
[ 2006/12/28 06:30 ] [ 編集 ]

マロウブルーさんへ☆

もう、読むなって言ってるのに!!(爆)

今シーズンの琢磨の働きって、本当に素晴らしいです。
他のドライバーだったら、多分ここまでは無理だったかも?
[ 2006/12/25 22:55 ] [ 編集 ]

あ。の方☆

総集編、先週末放送が有りました!
録画もOKです!
まだ観てませんが。(爆)

[ 2006/12/25 22:50 ] [ 編集 ]

beachさんへ☆

読んだのね。(笑)
確かに、去年とは大違いですね。
正直、ここまで来るとは・・・。

[ 2006/12/25 22:48 ] [ 編集 ]

読んじゃいました!!

こうして振り返ってみるとものすごく濃い1年でしたね~。

琢磨の姿勢、取り組み方、そして何より嬉しいファンを思ってくれるその気持ち…ずっと応援していくぞって思っちゃいます☆☆☆
[ 2006/12/24 08:45 ] [ 編集 ]

夜勤?

夜勤でなければ、スカパ入らなくてもサービス追加で地上波お富士さんでご深夜さんタイムにアルよ!関西さんサービスだよ!


さあ、どうでしょうか?間に合うか?w



総集編w




[ 2006/12/23 22:51 ] [ 編集 ]

読んじまっただ…

今年のクリスマスは、一つ前にくらべりゃ明るいね。
あの時は、のんびりケーキ食って祝ってる場合じゃない!
なんて結構張り詰めてたから。
飛躍のためには、05年のつまづきも必要だったと思えるくらいにね。

[ 2006/12/23 22:06 ] [ 編集 ]

ぴみさんへ☆

いや・・・・、その・・・、
ネタそのままをパ○ってもねぇ。
琢磨ならこんな感じに話すんじゃない?
と思う具合に和訳を和訳(爆)してみたよ。

スカパー、まもなく加入予定だす!

[ 2006/12/23 08:48 ] [ 編集 ]

ビートニクさんへ☆

だから見ちゃダメって言ったのに・・・。(笑)

そうですね、やはり琢磨は進化してますね。
オイラは何処かシューミと重ねてしまいます。
02~03年は習熟、
04年は速さを見せて、
05年は焦った結果、自爆・・・・。
そして、06年はドライバーとして完璧でした。

05年のつまづきが無ければ、今年の活躍は無かったでしょうね。
そう言う意味では、去年はアレで良かったのかも?(笑)
[ 2006/12/23 08:42 ] [ 編集 ]

スーパー1さんへ☆

そういやそうですね、ルノーワークス以来、
ルノーって、フランスチームじゃないですね。
(リジェ?が有ったかな?)
ウィリアムズ、ベネトン、そして現在の英国籍。

日本に生まれて良かった!!ってか?(笑)
[ 2006/12/23 08:23 ] [ 編集 ]

カンジさんへ☆

え?総集編?
日付を間違えて“あぽ~ん”でし!(泣)
まさか、そのままとか?(汗)

TB飛ばないですか?おかしいなぁ。
後で、もう一度設定見てみます。


[ 2006/12/23 08:17 ] [ 編集 ]

こめろんぐさんへ☆

通報されますた!(爆)

そうですね、少なくとも今年よりは良いはずですから。
後はシャーシ問題なんだけど・・・・。

ところで、BAR006とわ?(爆)
RA106なら存じておりますが?(核爆)

[ 2006/12/23 08:14 ] [ 編集 ]

某表ですね

山羊さんちと、同じ記事だけど、こちらの方が読みやすいでおますぅhttp://blog46.fc2.com/image/icon/i/F991.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">

ヂム兄ありがとhttp://blog46.fc2.com/image/icon/i/F9A0.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">。

ヂムさんちってぇ、スカパ入っていたんだっけぇ?

もし入っていなかったら、ウチも、F1GPにゅーすをパク②したのでしゃすんと共に御覧くださいませhttp://blog46.fc2.com/image/icon/i/F99F.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">

近日中に、携帯からだけど動画も配信?する予定です(笑)
[ 2006/12/23 01:31 ] [ 編集 ]

えー

見ちゃいやーん!なんて言われるとそりゃぁもう!!
オイラも男ですから。
なんてな

でも、去年でも思っていたけど、
04年より05年の方が、05年より今年の方が
琢磨はスキルアップしていると思います。
去年の後半は精神状態がボロボロだったけど。
何となく、04年はF3の延長に過ぎない気がするんだよね。
[ 2006/12/22 22:22 ] [ 編集 ]

やっぱ、TB飛ばない。(涙

ただ今、本陣いて年内最後のクリスマス企画を開催中です。
その名も「TRTナンバーズ」
コメントと一緒に2桁の当選数字を推理するだけ!
素敵な、プレゼントをご用意させていただきました!
よろしかったら、ご参加ください!
[ 2006/12/22 20:38 ] [ 編集 ]

なるほど!

少し前に某新聞に記事が載ってましたが、フランスのファンは日本のファンを羨しく思ってるそうです。

日本にはホンダのようなメーカーとスーアグのようなチームがあると。

そういえばルノーは表向きはフランスですが中身はイギリスのチームだし、かつてのリジェやAGSなんかも今はないですもんね。

スーアグがあり琢磨君が居る!

我々日本のファンはこの状況を楽しみましょう。
(^o^)/
[ 2006/12/22 17:53 ] [ 編集 ]

ぜんぜん読んでません!(爆)

なるほどねー。
ところで、ジムさんは今年のF1総編集は観ました?
最後の方に琢磨のインタビューがあるんですけど…
[ 2006/12/22 17:30 ] [ 編集 ]

通報しました!

もちろんウソです(爆)

でも、今シーズンの状況を考えると、来シーズンはかなりいけるんじゃないかと期待してしまいます。

マシンはBAR006ベースをキボン!なんですが(^_^;
[ 2006/12/22 17:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gymkaniann.blog46.fc2.com/tb.php/148-f3083461












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。