スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サンドロが帰って来た!!(ザナルディ、F1ドライブ) 

マカオGPの事を上げようと思いましたが、
今回は、別の件を。
(な~んか想像通りの結果だからなぁ・・・)




先日イベントで、サンドロ(アレッサンドロ・ザナルディ)がF1をドライブしました。

最近F1を見始めたファンには馴染みの無い名前ですが、
昔からのファン、或いは色んなレースを観てる方には
良く知れた名前でも有ります。




・・・・・、そして、彼に何が起こったかも。




彼、サンドロは今年40歳。今尚現役のレーサーです。
かつてF1にも参戦していました。
普通ならさして騒ぐ程のニュースでもないんですが、
彼は、とある事件をキッカケで大変な事になりました。




サンドロがF1にやってきたのは90年代前半。
まだF1が大らかだった(今と比べればね)頃でした。
今は無きロータスやジョーダン等のチームを渡り歩き
成績自体は良くなかったんだけども、
(93年ロータス時代に6位入賞のみ)
車が壊れても止まるまでアクセルを踏み続けたり、
兎も角アグレッシブなドライバーでした。
イタリア人らしく、陽気な性格もあって、
誰からも好かれる人物だったようですね。
オイラも何だか憎めないキャラが好きでした。
そんなサンドロでしたが、F1のギスギス感に嫌気が差し、
米国へと渡ります。

おりしもその頃、ホンダがCART(現チャンプカー)
にエンジン供給を始め、供給チームが快進撃を始めた頃でした。
そんな中、サンドロも名門チップガナッシから参戦。
97,98年と連覇を果しました。
陽気なイタリアンは、米国でも受けが良く、
ファンも多かったようです。


当時所属していたチームのライバルチームの本拠地でのレースの時

「くたばれ!!ザナルディ!!」
(↑英語だと思ってくれぃ:笑い)


こんな横断幕を掲げてレース観戦に来ていたファン達が、
オートキャンプでバーベキューを楽しんでいたそうな。
そこへフラフラと一人の男性がやってきた。
「やぁ!楽しそうだね!所で、そんなにザナルディは嫌いかい?」
とバーベキューの輪に交じった。

『そりゃおめぇ、あんなヤツ、俺達のチームより速いし』
[そうだぜ!アイツのせいでいつも負けちまうんだから好きな訳ねえよ]

「ふ~ん。そうなんだ」
(↑英語だと思いねェ:笑)


そんな取り止めも無い会話を楽しんだ後
「じゃあ、ミンナありがとう楽しかったよ、レースも楽しんでね」
と去って行った。



[アレ?アイツ何処かで見たヤツだな?]
『おい!今のはザナルディじゃねえか!!!!!』
《アイツ、良いヤツじゃん!》



かくして、決勝日。


「頑張れ!!ザナルディ!!!!」
(↑英語だと・・・)


と書き直された横断幕が踊ってたそうだ。
人柄の良さを物語るエピソードですね。





米国でのサンドロの活躍に目を止めたのが、ウィリアムズでした。
そして99年にF1へと復帰したのですが・・・。
当時のF1に馴染めない(余りにも特殊だと)様子で
結局ノーポイントで終わる。
翌年、レース浪人となった後、
01年に再びCARTに参戦する事になった。


その当時は欧州でも注目度が高く、欧州遠征もあった。
2001年9月15日、ドイツ・ラウジッツリンク。
ここは欧州では珍しいオーバルコース(しかも三角)で、
本場米国でのオーバルコースでのハイスピードバトルが期待された。

悲劇はここで起こりました。


レース中のアクシデントで大クラッシュ!
サンドロのマシンはコクピットから前が完全に破壊された。
誰もが最悪の結果を思い浮かべた。

しかし、彼は一命を取り止める。














・・・・・、両足切断・・・と言う事実を残して。




この辺は曖昧な記憶になるのですが、

麻酔から覚めたサンドロは両足が無くなった事に、
「何も悲しむ事は無いじゃないか。こうやって家族や友人が
揃っているんだし、僕は幸せだよ。」


と語ったそう。
本当は辛かっただろうし、何よりこれでレースが出来ない
って事も思ったんだろう。
でも、何より周りの人間を悲しませまい、
と、この言葉が出たんだろうと思います。


そしてその後、本人は決して口に出さなかったものの
辛いリハビリが続きました。


本人も、もうレースに復帰する事は無いだろう。
と語っていたし、オイラもそう思ってた。


ところがコヤツ(笑)、2年後には
BMWのレーシングカーで、サーキット走行をしてしまう。

いつの間にやら、「レースに復帰したい!」とリハビリを
続けたサンドロには、
BMWが、ステアリングにアクセルとクラッチを装着した
特別な仕様が用意され、イタリアのモンツァを駆け抜けた!!

この時にサンドロは
「これが僕の最後のレースだ。」と笑顔を見せていた。

あの事故の後、恐くは無かったのか?との質問には

「レースは楽しいよ。僕はもうあんな事故に遭う事は無いよ。
だって、もう足が無いんだからね!」
と笑いを誘った。


まぁ、この時は練習走行に混じっての走行でしたが、
その直後、スポット参戦ながらレースに復帰してしまう。

「僕は自分をスーパーマンだとは思っていないよ。
普通の生活(レース漬けの日々)に戻ろうとしている
一人の人間に過ぎないんだよ。
これからはもっとレースに出て、喋るのは減らさないとね。」
と熱く語っていた。

その後は、ETCC(ヨーロッパツーリングカー選手権)
を経て、現在はWTCC(世界ツーリングカー選手権)に参戦中。
昨年も今年も1勝を上げている。
そんなに簡単には勝てる世界じゃない。

ホントに根っからのレース馬鹿なんですよね、サンドロは。
レースは生活の一部・・・とまで言い切るんだから。
そして、陽気!
だから、みんなから愛されてる。

五体満足なオイラはひたすら恥ずかしいな、と。



で、前置きが長くなりましたがそんな縁も有り、
BMWF1に乗る機会が実現。


01sandoro.jpg

(写真はF1Racing.jpさんより。以下同)

さすがに走り出す前には堅い表情です。






ツーリングカー同様、F1にも特別な改良を施され
右の義足のい方が力が入るとの事で、
ブレーキペダルは右側に。
アクセルはステアリング裏側のパドルで操作。

02sandoro.jpg



スペイン・バレンシアを駆けるサンドロ。





03sandoro.jpg


走行を終えたサンドロは満面の笑み!


「本当に嬉しいよ!!ホントに夢みたいだ!!
思わず笑ってしまったからね!!」
と第一声。



F1への復帰は無いでしょうが
WTCCではまだまだ大活躍です。


少し丸みを帯びた顔のはなったけども、
以前と変わらないサンドロの無邪気な笑顔。


「ありがとう!サンドロ!!」



と思わず言わずには居られません。
スポンサーサイト
[ 2006/11/29 14:41 ] F1&琢磨 | TB(0) | CM(17)

アレッサンドロ~♪

本日午前2時55分還暦を待たずに生まれ変わりましたよ~
四八手観音終わり四九八苦w世代に突入したよ。(O.;)
表参道もおもちゃ箱もアレッサンドロ~♪にはスルゥな日々なのに、スロゥなアレッサンドロ~♪ブギありがたいなぁw
イケイケに走り続けてるんだよ!ね‥手の力と骨盤の力を義足とマシンに伝えて、セアト軍団に囲まれても!w一位二位を争い、クラッシュだってなんのその!家事完全放棄で観てますー☆☆☆黙ったさんを、逝くなと呼んでねってお願いしてました!w
セナやグレッグには、まだ来るなよって言えとお願いしてました!w


さて、幽霊の絵は…本来幽霊を来させない為に掲げたんだよね…お家に。だけど、みんな自分が怖さに耐えられなくて、あっち池するんだよ…あれを怖がるのはそこのアナタ?キミこそ幽霊かもしれないよ~♪
σ(^^)は最近怖い幽霊画があります。

ワライガオのアタマに♪がついています。般若の顔より怖いですぅw過去の恐怖がヨミアガリます。骨からガクガク震えます…


あ…また、やっちゃった…お部屋間違えた!?

カゼヒクナヨ(^0^*オッホホ
[ 2006/12/03 11:46 ] [ 編集 ]

蝦蟇の油さんへ☆

そうですか、ご存知でしたか。
ならば、どんなドライバーかもお分かりかと。

根っからのファイター系で、見てる方も面白いんですよね。

[ 2006/12/02 00:51 ] [ 編集 ]

あきぷへ☆

まぁ、グランツーリスモをステアリングコントローラーから
コントローラーに帰るような・・・(笑)


ムーアや、クロスノフもCARTだったね。
サンドロは生きていただけでも奇跡なのに、
レースに復帰した・・・。
本当に凄い事だよ。

オイラの友達に、車椅子だけど、ジムカーナやってるのが居るよ。
彼を見てるだけに、サンドロが如何に凄いのかが良く分かります。
[ 2006/12/02 00:45 ] [ 編集 ]

ろしし♪さんへ☆

例え辛くても、それを人には見せない・・・。

簡単な事じゃないです。
オイラはすぐ出てしまうから・・・。
サンドロは強い人だな・・・と思う。
[ 2006/12/02 00:29 ] [ 編集 ]

スーパー1さんへ☆

まぁ、有る意味不器用だったんでしょうかね?彼も。
人が介入出来る領域の少ない車には向かなかったのかな。

でも彼のような、観る側を熱くさせるドライバーはそうそう居ませんけどね。
[ 2006/12/02 00:23 ] [ 編集 ]

beachさんへ☆

今のF1って余りにも殺伐とし過ぎてますよね。
だからこそ、サンドロのような人物が愛されるんでしょう。

そのWRCも、以前に比べればかなり規制が多いですよ。
F1に比べれば遥かに大らかですけど(爆)

[ 2006/12/02 00:16 ] [ 編集 ]

スラさんへ☆

太田さんも、悲惨な事故でしたね・・・。
ナニーニ(彼もサンドロだね)は、レース中じゃなかったけど、
大変な目に遭いましたし、
でも、みんな凄いのは普通なら諦めてしまう所を
帰って来た。
これは本当に凄い事ですよね。
[ 2006/12/02 00:11 ] [ 編集 ]

カンジさんへ☆

オイラの英語力?流石だろ!(爆)

英語にしろと?

>最後に窮地に立たされたところで明るく振る舞う力って凄いですね。
(↑英語だと思いねぇ。)


・・・・・、どや?(爆)

さて置き、サンドロの姿勢には本当に感銘を受けます。
不屈の闘志とはこの事でしょうか?
[ 2006/12/02 00:04 ] [ 編集 ]

ぴみさんへ☆

サンドロって、ホントにレースが好きなんでしょうね。
本当は凄く辛い道程だったんだろうけど、
それを見せないんだよね。
オイラも凹んだり、凸だったりが顔に出る方・・・。

恥ずかしいもんです。
[ 2006/12/01 23:58 ] [ 編集 ]

ザナルディ・・・

不屈の闘志・・・いや、闘士かw

CARTは一時期見てたから少しは知ってたりw

それはそうと某所で楽しいコト起こってますよ?w
[ 2006/11/30 18:38 ] [ 編集 ]

シンネタキターーー!!(笑)

CARTはほんと事故が多かったですからね~・・・
毎年誰かが・・・って感じで。

ザナルディが一命を取り留めたのは奇跡としか言いようがないです。

で、その後またレースに復帰するなんて誰もが思わなかったはず^^;今まで足でコントロールしていたのを手でコントロールして、しかもレースするなんて!!ジムさんとか競技カジッてる(てた?笑)人ならそれがどんなに難しい事か容易に想像できますよね。

凡人には理解できない世界ですな(@@;

がんばれザナルディ!
[ 2006/11/30 13:57 ] [ 編集 ]

ザナルディって…

F1に疎いワタクシ、その名をけっこう耳…じゃなくて、目にする気がするのですが…。


誰かと間違ってるのかな?(^o^;


陽気で前向きな人柄は、人も運も強さも呼ぶんですね。道も開ける。彼の人柄により、彼のレース人生が再開できたんですねぇ。


そのアクシデントで、悲観し誰か(何か)のせいにし、恨み辛みを抱き続けてては、何も育たなかったでしょう。


誰にも、辛い苦しい事はあるけど、彼のように自然に明るくできるってスバラシイ!






…と、毎度マジメなコメントで月並ですが、
いいお話を聞かせて頂きました♪
[ 2006/11/30 12:47 ] [ 編集 ]

おっ!ザナルディですか!

ただ速いだけでなくレースを魅せる事の出来るいいドライバーですよね。

F1では体制に恵まれず成績を残せませんでしたが、あのCARTでの速さは本当に凄かったですよね。

しかもあの事故から復活してしまうんだから本当に凄いですよ。

もう一度トレードマークのドーナツターンを見たいです。

鈴鹿のファン感に来てくれないかな?
f^_^;
[ 2006/11/30 12:12 ] [ 編集 ]

なるほど…

ザナルディ よく知らなかったんだけど、
ニュースでもよく取り上げられる人物だなあと不思議だったけど
『いつまでも愛されるキャラ』だったのね。

ときたま見るWRC、マイク向けられたドライバーの
コメントがいい味だしてて。
それがレースも面白くしてくれたりして。

どうもえふわんはガチガチな気がする。
[ 2006/11/30 01:09 ] [ 編集 ]

彼といいナニーニといい国内だと太田さんとかハンディを抱えてでもレースに復帰してしまう、逆に言えばそれ位強い精神力が無ければトップクラスのドライバーまで昇りつめる事は出来ないのでしょうね。
因みに国内では歩けない場合クラッシュ時車から自力で離れれないという理由からレース参戦は出来なかった筈です。
[ 2006/11/29 23:48 ] [ 編集 ]

ザナルディって誰?(爆)

しっかし、本当凄いよね。ある意味、非常に意味の深い復活劇です。彼を乗せたBMWも凄いね。

で、なによりジムさんの英語力がサイコー!
携帯からみるとまるで、ニホンゴのように解りやすかったもの!ププッ( ̄m ̄*)


最後に窮地に立たされたところで明るく振る舞う力って凄いですね。←英語に訳してくれ~!(爆)
[ 2006/11/29 23:43 ] [ 編集 ]

わぃわぃ

新ネタ…
しみじみ…。

私は彼の事は知らなかったけど…

義足を付けてのマシンドライブ

並々ならぬ努力と精神力ですね。

私は、すぐhttp://blog46.fc2.com/image/icon/i/F99A.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">http://blog46.fc2.com/image/icon/i/F9A5.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">だから…
なんだか、恥ずかしい。


ジム兄さまhttp://blog46.fc2.com/image/icon/i/F991.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">素敵な話題を ありがとさん。


で、テストの話題ゎ?
[ 2006/11/29 21:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gymkaniann.blog46.fc2.com/tb.php/141-df659477












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。