スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

秋の京都はこんな感じ 

(今回のエントリ、非常に写真が多ございます。
言うまでも無く、クリックすると拡大しますので・・・)



昨日は国内外でレースがありましたが、
まずは置いといて・・・・(笑)



先日、近所に紅葉見物に行って来ました。
ここ数年、京都の紅葉はイマイチでしたが、
今年は更にイマイチです(泣)
今年は何時までもダラダラと暖かく、
その為か色付きも悪く、緑のままの物まで・・・。
これも温暖化の影響なんでしょうね。



ま、さて置き、自宅からバス一本でまずは鷹ヶ峰に。
自宅付近はまだまだ秋の気配は薄いんですが、
バスに乗って、北上して行くと、
少しずつ銀杏の木が色付いて行く。
20分も乗ると到着。

バスを降りたらすぐそこに有ります。

“鷹峰山寳樹林 源光庵”

ここは以前はマイナーな場所でしたが、
某JR東海のCMで一躍有名になりました。


こんな窓、見た事無いですか?
DSC01184_00.jpg


悟りの窓・・・と言う窓です。

テレビCMや広告で見掛けた事が有るかと思います。
で、その隣には・・・

DSC01174_00.jpg

迷いの窓・・・・が有ります。


悟りの窓は・・・円形に「禅と円通」の心を表し、
        円は大宇宙を表現している。

迷いの窓は・・・角型に「人間の生涯」を象徴し、
        生老病死の四苦八苦を表している。


との事。
観光シーズンが終わったら、この前で黙想してみるのも良いかも?




DSC01162_00.jpg

兎に角、ひっきりなしに観光客が訪れますから、
静かにゆっくりと・・・って中々出来ません。


それでも時折、ふと人気が無くなる時が有ります。
DSC01166_00.jpg

一瞬の静寂。なんだか詫び寂を感じます。



悟りの窓3景。 
DSC01172_00.jpg



DSC01173_00.jpg



DSC01175_00.jpg


少し角度が変わると、見える景色が全然違って見えます。
不思議な窓です。




DSC01176_00.jpg

これがそのポスターですな。(笑)
こんな綺麗な紅葉には暫くお目にかかってません。



本堂の前にも少しばかり・・・
DSC01187_00.jpg



DSC01192_00.jpg


金曜日(11/17)でこんな感じでしたから、見頃は今週末か来週かな?
鮮やかな色にはならないかも知れませんが・・・。



源光庵を後にして、お隣の光悦寺に。
ここも紅葉の名所です。




・・・・、が!



ここもやっぱりイマイチでした。

こちらは入り口(参堂)が紅葉のトンネルになります。

DSC01279_00.jpg



DSC01203_00.jpg




DSC01271_00.jpg




DSC01266_00.jpg



こんな雰囲気ですね。
微妙な色合いでした。(汗)


この光悦寺は、徳川家康が本阿弥光悦翁に
野屋敷として与えられた土地なんだそうな。
そこには一族を始め工芸職人らも呼びよせ、
工芸集落を営んだと言われています。
光悦翁の没後、日蓮宗光悦寺として今に至っている。




境内(?)に入ると、何とも言えない風情が有ります。
紅葉も然る事ながら、下に目をやると苔の綺麗な事。
苔の緑と紅葉の赤のコントラストは素晴らしかった。

長くなりますが、ここからは写真集です。
DSC01199_00.jpg

DSC01200_00.jpg

DSC01205_00.jpg

DSC01207_00.jpg

DSC01209_00.jpg

DSC01211_00.jpg

DSC01218_00.jpg

DSC01222_00.jpg

DSC01225_00.jpg

DSC01232_00.jpg

DSC01233_00.jpg

DSC01234_00.jpg

DSC01245_00.jpg

DSC01247_00.jpg

DSC01249_00.jpg

DSC01258_00.jpg

DSC01260_00.jpg

DSC01269_00.jpg

DSC01272_00.jpg

DSC01277_00.jpg



と、駄作を取り止めも無く貼り付けましたが・・・。
(ケイタイで御覧の方見難いかも?スマソ!)


部分的には綺麗に色付いているんだけども、
目の覚めるような鮮やかな朱・・・・・じゃないなぁ。



長くなったついでに(笑)、
その夜に高台寺の夜間拝観にも行って来ました。

こちらも紅葉の方はイマイチでしたが・・・。
DSC01280_00.jpg



ここは、お昼に見た方が綺麗だと思います。(爆)

が、凄く幻想的な光景を目にする事が出来ました。

DSC01285_00.jpg

庭園のライトアップはこんな感じです。
昼間とは違った光景です。

DSC01286_00.jpg

すこし角度を変えて・・・。


庭園の池(臥龍池)の水面がかがみの様になり
こんな幻想的な光景も!
DSC01291_00.jpg

DSC01293_00.jpg


高台寺と言えば臥龍廊ですが、この位しか・・・。
DSC01298_00.jpg




紅葉はもうひとつでしたが・・・
DSC01304_00.jpg

竹林は素晴らしい!の一言です。

まだ、何点かお見せしたいのですが、
FC2のファイルアップロードが、何故だかファイルを
受けつけなくなったので・・・
今回はここまでです。

(え?こんだけ貼れば充分だと?:爆)
スポンサーサイト
[ 2006/11/20 09:23 ] 京都便り | TB(0) | CM(22)

あきぷへ★

シンネタ?有るよ。
正直者にしか見えないのさ(嘘)
しばし待て!

[ 2006/11/29 12:16 ] [ 編集 ]

ろししさんへ☆

解説、乙!(爆)
流石は、最近京都“市”民なっただけの事は(略)

[ 2006/11/29 12:13 ] [ 編集 ]

シンネタまだー!?(笑)
[ 2006/11/27 09:43 ] [ 編集 ]

むふふ♪

ジムさん、こるかろさん、おジャマ致しますよん。

牛車ドライブ!なかなか面白いかも!しかし、京都に限らず観光地に今、多く見かけるのは、「人力車」

乗ったことはないけど、嵐山のポン竹林(笑)など、うんちくを交えて走ってくれるから、いいかもよ♪


御所の鬼門には、比叡山延暦寺が配してあるけど、裏鬼門には城南宮があるんだよん。

方位の神様でもあり、家を新築する時など、お札やお砂をもろてきます。


天狗で有名な鞍馬山、一寸法師が鬼退治した大江山(←丹波だけど)、こるさん、京都おこしやす~(*^^*)

[ 2006/11/26 20:57 ] [ 編集 ]

こるかろさん☆

京都にゃ、アッチの世界やら、ムコウの世界やらに通ずる道・・・
なんてのが結構在る!・・・ラシイデス(笑)

大概、災いを避ける為に神社だったりしますが。
後は、鬼とか天狗、狐に古狸とか・・・
怪奇小説のネタには事欠きませんな(爆)

[ 2006/11/26 11:50 ] [ 編集 ]

う~ん。
京都は絶対面白そう!やっぱり牛車ドライブは危険か。。。

・・・って、これですぐ返事が来ればチャット状態(^O^)/

平安京内裏の十二門は『鬼道』にも繋がるとか。
その鬼が求める黄金の城への入り口が、信州高遠にあるといふ。
小説の読みすぎきゃ?(^^ゞ
[ 2006/11/26 10:14 ] [ 編集 ]

こるかろさんへ☆

そちらはもう冬ですか?
日本も狭い様で広いですな。

>所で、本当は京都って百鬼夜行でるんでしょ?

百鬼夜行どころか・・・。
京都の寺社仏閣の配置には、意味が有るのだよ。
御所を中心に鬼門には比叡山延暦寺・・・とかね。
要所要所のツボは抑えてはりますわ(笑)

まぁ、百鬼夜行よりもタチの悪い“人間”って輩も・・・。(汗)
[ 2006/11/26 09:56 ] [ 編集 ]

ろしし♪さんへ☆

って、アンタも京都在住でわ?(笑)


>ぢゃ、次は金閣の雪景色をキボン!( ̄^ ̄)

雪が降ればな。(爆)

[ 2006/11/26 09:48 ] [ 編集 ]

マロウブルーさんへ☆

TCMお疲れ様でした。
任務なんて大げさな・・・(笑)
折角のイベントなんだから、まず楽しんでくだされば
問題無しですよ。

[ 2006/11/26 09:45 ] [ 編集 ]

綺麗なポン竹林ですね~(*^。^*)

やっと秋ですか。
こちらは秋までに後315日ありますよ。


> 一瞬の静寂。なんだか詫び寂を感じます。

お、茶道もって来たね!さすが雅。
所で、本当は京都って百鬼夜行でるんでしょ?
[ 2006/11/25 12:24 ] [ 編集 ]

そうだ、京都へ行こう・・・





と、関東のCMのように(笑)思ってしまいますね、こういう風情を見ると(笑)

ぢゃ、次は金閣の雪景色をキボン!( ̄^ ̄)

(笑)
[ 2006/11/24 22:36 ] [ 編集 ]

風情があって素敵ですね♪
写真は何枚拝見しても飽きませんね☆

私、先日のTCMに参加してまいりましたが、あまりにもいっぱいいっぱいで握手のときに手渡ししようと作った名刺をプレゼントに入れたまま渡してしまいました。
任務を果たせず申し訳ありません・・・

それにしても琢磨、素敵です☆☆
[ 2006/11/23 17:03 ] [ 編集 ]

guwaっちさんへ☆

お誉め頂きありがとうございます。
でもね、歴史的な背景なんぞは、意外と知らないんですよね。(笑)
誰が建てたとか、何かが有ったとか・・・。
地元民は意外と知らないんですよ。(爆)
広台寺なんて、子どもの頃遊び場でしたから(爆)

あ、お越しの際はお早めにお声掛けを!(笑)
[ 2006/11/21 01:46 ] [ 編集 ]

考える葦さんへ☆

素材が良ければ、下手な細工はしないでそのままで・・・。
食材だってそうでしょ?

最近のデジカメの高性能振りには驚いてます!
オイラの腕は大した事無いですから、カメラのお陰ですよ。
以前に少しかじった経験が多少は生きてるのかな?
[ 2006/11/21 01:38 ] [ 編集 ]

ビートニクさんへ☆

手ブレ対策?
小さなデジカメなんで、三脚は使い勝手が悪いですね。
オイラはスローシャッターの時は、柵の上とか、はたまた木の幹枝等にカメラを置いて、
セルフタイマーにします。そうすればブレはかなり防げます。

後は、気合いでカメラを固定(爆)
で、必ず二、三回は撮ります。
下手も数打ちゃ・・・ですな。(笑)

悟りの窓、「妄」するには持ってこいですよ!(笑)
[ 2006/11/21 01:32 ] [ 編集 ]

デヴィッドさんへ☆

数年前までは目の覚める様な朱が拝めたんですけどね・・・。

漆は能登でしょうかね?やっぱり。


チン竹林?
・・・、どうでもいいや!(笑)
[ 2006/11/21 01:23 ] [ 編集 ]

FC2さん(カンジさん)へ☆

お腹一杯?ってか腹回りが一杯?(爆)

この竹林、ライトアップが無ければ、怖くて絶対行けませんし!(爆)
これだけ明るければ、隠密も動けませんから!(爆)
[ 2006/11/21 01:19 ] [ 編集 ]

ポスターで・・・

ジムさん、こんばんは。
「悟りの窓」、ポスターで見たことありますよー。
JR東海のCMとポスターはいつも楽しみにしているのですもの(^-^)
「イマイチ」と仰ってますが、どれも素敵な写真ですよー。また京都行きたいっ!!笑
[ 2006/11/21 00:26 ] [ 編集 ]

すごい…

写真の量に圧倒されてしまいました…(;^_^A

しかし、どの写真も素晴らしく綺麗で、さらに驚きました。本当に京都は綺麗ですね。カメラマンの腕が良いせいもあるでしょうが…(笑)。

身近にこんな綺麗な場所があるなんて羨ましい限りですね。

[ 2006/11/20 21:30 ] [ 編集 ]

悟りの窓

に向かって妄想などしてみたり…
手ぶれ対策はどうされたんですか?
三脚?手持ち?!
綺麗な写真ばかりで素晴らしいです。
京都に行きたくなってしまいました(#^_^#)
[ 2006/11/20 20:05 ] [ 編集 ]

秋ですね~

どもです!
やっぱり紅葉の赤はいいですね~
漆の赤はもっといいんだよね!

ハイドフェルドも素晴らしいっすね?





あっ!チン竹林の間違いでした(爆!)
[ 2006/11/20 17:09 ] [ 編集 ]

もう…

お腹いっぱいだよ。。(うっぷ)



見事な竹林ですな。
絶対に隠密がいるな!

っと、beachさんのあとにこちらにお邪魔するとそんな気になります。(笑)
[ 2006/11/20 16:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gymkaniann.blog46.fc2.com/tb.php/140-6dc05cb2












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。