スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ついにこの時が・・・・・(ミハシュー引退発表) 

特別な1日だった。チャンピオンシップのことを考えると、そして将来起こること、これまで多く話し合ってきたボクの将来に関することを考えると、このような形で終えられたのは良かった。これまでこのことに関して興味を示してくれた世界中の人々に対して、長く待たせたことを申し訳なく思っているし、話をする適切なときが来たと感じている。このレースがボクにとってモンツァでの最後のレースになるだろう。チームと話し合って、今シーズンを最後にレースから引退することを決めた。本当に特別な時間だった。モータースポーツはボクに素晴らしいときを与えてくれた。良かったときも、悪かったときも、すべての瞬間がボクの人生を特別なものにしてくれた。特に、家族たちに感謝したい。最初からサポートしてくれた父親をはじめ、亡くなった母、妻、子供たち、彼らの支えがなければ、この人生において、このスポーツにおいて、良いパフォーマンスをすることはできなかった。家族に対しては感謝しきれない。仲間たちにも感謝している。ベネトン時代の人たち、そしてフェラーリでの日々は特別なものだったし、チームには多くの素晴らしい友人や素晴らしい仲間がいた。本当に素晴らしい友人、エンジニア、メカニックたちとこのレベルでの仕事を続けないというのは本当に厳しい決断だった。でも、いつかそのときはやってくるし、今がそのときだと思った。そして、フェリペが彼の将来を決定するためにも、このタイミングはフェアだと思った。彼は本当に素晴らしいやつだと思うし、彼は素晴らしい仕事をしている。とても協力的で、素晴らしいチームメイトだ。彼の将来を決定するためにも、ボクの決定をこれ以上先延ばしにすることに意味はない。結論を言うと、ボクの代わりになるドライバーについてはチームが時期を見て発表するだろう。でも、ずっと前に彼がそのドライバーになると聞いて嬉しく思っていた。今は最後の3レースに集中したい。今日はチャンピオンシップにおいて大きなステップになったことを願っている。本当にみんなに感謝したいし、すべての時期においてサポートしてくれた人たちに感謝したい。本当にありがとう。

オイラはミハシュー信者では無いけれど、今まで見てきた中では
やっぱり世界最高のドライバーだと思う。


始めに見たのは、90・・・91年だったかな?
鈴鹿で、メルセデスのCカーに乗ってた。
メルセデスの育成プログラムのメンバーだったね。
ミハシュー、フィレンツェン、ベンドリンガーの3人。
そう言えばこの時、トッドはプジョーの監督
ブラウンは、ジャグワーの参謀?だったなぁ。

この頃のミハシューは速さは有るけど、荒削りって印象。
給油途中にスタートしてしまって、こぼれたガソリンが引火。
当時、S字で観戦してたけど、1コーナーから背中が燃えた
ベンツが走ってくる姿を見た時は

「おお、カチカチ山やん!(笑)」

なんて笑ってたなぁ。


んで、91年の全日本F3000菅生戦に突如スポット参戦。
当時、駄作(笑)と言われた“ラルト”(懐かしい!)シャーシ
に、サッと乗って、サッと2位入賞。
こりゃ末恐ろしいヤツだね、と認識したレースでした。
で、その次が鈴鹿だった(はず)ので、楽しみにしていたら、
ジョーダンがさらって行った。
ベルギーでのF1デビューである。

「おいおい、なんて事をするねん、冗談は名前だけにせ~よ」

と思ったもんだ。(笑)
そしたら、フラブに持って行かれたんだよ、1戦だけで。
ありゃ笑ったね!ザマミロ!だった。
(まぁ、これ以後ジョーダンが運転手売買に手を染め・・・爆)


その後はもう語るまでもないでしょう。



ベネトンで勝ち出した頃は嫌いでしたね、何だか知らないけど。
「コースで抜け!コースで!」だったかな?
ピット作業のタイミングで相手を出し抜くなんて・・・。
とか思ったんだっけ?

基本的にフォーミュラカーのレースってスプリントレース。
そう言う刷り込みが有ったんですよね。
よくよく考えて見ると、フォーミュラとは言え、
給油やタイヤ交換が有るんなら耐久の要素も有るんですよね。

Cカーで耐久の戦略を知り尽くしたトッド、ブラウン、ミハシュー
そりゃ、天下無敵だわな。


ミハシューと言えば、汚いとか、政治力でとか、色々言われるけど
日本じゃ、もっと汚い事やってるヤツも居るし、
もっと酷い政治力を行使する連中も居る。
表に出ないだけ。

F1は世界中が注目している訳だから、今や些細な話しでも
全世界に発信される。

確かに、ここ最近のゴタゴタは目に余るモノでは有ります。
でも、それはミハシューが画策したものですか?
ミハシューが有利になるのは確かですが、
決して彼自身が意図したものでは無いはずです。

もし仮に立場が逆なら、
アロンソは「こんなものはスポーツじゃない」と言うでしょうか?
多分、ほくそえむでしょう。ライバルが脱落するんだから。


ブツケテでも勝つ。これは誉められたものでは無いです。
あからさまにドカンとぶつける輩は救い様が有りませんが、
ミハシューの場合、そこら辺が巧い(と言うと語弊が・・・)
限りなくグレーな当て方。コレ、真似出来ませんよ。

引退した某ベテランドライバーがこう言った事が有ります。

「ぶつけるのも悪いけど、
ぶつけられる方も悪い」


と。
要は、後ろが誰なのか?それを意識しないとダメよ、と。
だからって、当てるのが悪くないのか?って事では無いんです。
当てられて文句を言った所でリタイヤが優勝に変わる訳では無い!
って事。

レースはチェッカーを受けてナンボです。
なら、当てられない様に、罠に嵌らない様に走るのも大事なんです。
そう言う事です。

後から、「アイツは汚い」とか言った所で、その人は負けてますから。
さらっと、交わしてから言ってみろって話です。



セナを目標として来た。
そしてセナに追いつこうとしていたその時、
まさに目の前からセナが消えた。
その時のミハシューの心中は計り知れません。
記録ではセナを超えてはいますが、結局ミハシューは
セナを一生追い越せなくなった。
彼の勝利への拘り、モチベーションはそこから来ているのかも知れない。
勝つ事によって、セナに近付こう、追い越そうとしたのかも。

セナ以後、突然F1のトップとして走り続けてきた彼。
今まで、ライバルと呼べる程の存在は不在でした。
だからこそ8回ものチャンピオンを獲得出来たのかもしれない。
その彼を始めて脅かす存在が現れた。
長く、本当に長い間、皇帝と呼ばれるほどにトップに君臨した。
その座を託しても良いと思える存在が現れたんでしょう。
彼をここまで追い詰めた存在は始めてでしょう。

フェルナンド・アロンソ。
若く、才能溢れる逸材ですね。
しかし、まだまだ青い感じです。
コース上でのプレッシャーには強い様ですが、
コース外での心理戦には弱いようです。

このモンツァで、理不尽な裁定を受けた。
でも、ここで無理をする必要は無かった。
「まぁ、何処からでも一緒だよ」位で挑めば良かった。
前戦のトルコではエンジニアと連絡を取り合い
エンジンの回転数の緻密な計算をしながらミハシューを抑えきった。
所が今回、エンジンの酷使によりブロー。リタイヤ。
怒りも有ったんでしょう、そして焦りも・・・。
確かに、1ポイントでも多く獲ってミハシューとの差を抑えるべきです。
が、アソコまで無理をしてリタイヤしたら全くの無意味ですね。
(まぁ、マッサを巻き添えにしたのは良かったのかも:笑)
未勝利の若手ドライバーなら、今回のような結果でも良かった。
でも、皇帝から栄冠を奪取して、更に引導を渡そうとしている者なら
やっちゃ行けない事だった。

感情のコントロールが出来ないと、まだまだ彼の足元にも・・・。
ミハシューの凄さはその精神力にも有ると思う。


「こんなのはスポーツじゃない!」
と噛みついた所、でどうにもならないんだから、
黙して語らずで良かったのにね。
そもそも、もうスポーツじゃ無くなってるの知らなかったの?(爆)


ミハシューに挑んで、去っていった連中には
色々好き勝手に言う奴も多いけど、
「そんな事は勝ってから言え!」と。所詮は負け犬の遠吠えだ。





今まで、沢山のドライバーを見てきた。
でも、こうやって自分の引き際を自分自身で決められる人って
そうそう居なかった気がします。
幸せな事だと思うよ、ホントに。

記憶にも記録にもいつまでも残るんでしょう、彼は。
同じ時代に生きた事を幸せに思います。
後3戦、悔いの無い戦いを目一杯見せて欲しい。
アロンソに勝とうが負けようが、もう皇帝は皇帝なんだから。



またまた駄文になりすみません。















あ、記憶に残りそうも無い彼が“赤牛”から去ったそうです(爆)
スーアグには来ないでね!頼むから(爆)
スポンサーサイト
[ 2006/09/11 14:50 ] F1&琢磨 | TB(3) | CM(19)

アマテラス。

ジム兄さん、家庭訪問ありがとうございました。

ぴみちん♪感激ぃ☆彡

ミハエルの復帰って、本当にありえるのでしょうかねぇ。

ルノーに、琢磨aXを乗せてくれぇぇぇぇぇぇぇぇ☆彡

なんでって?



去年のファンミで、琢磨aXくんが乗ってみたいって言ってたから…(笑)。

琢磨aXくんは、ホンダで優勝キボン・ボンバボンバボン♪

スレ違いで吸いません。
( ̄(エ) ̄)y-゜゜゜

m(__)m
[ 2006/09/15 20:26 ] [ 編集 ]

こっそり

すみません!ミハエル君へのコメントしてませんでしたね…詳細は【こちらはMSチャンネルです!】特設ステージを閲覧下さいませ。会員制です!よ♪只今燃え尽き症候群に捕らわれの身。いっぱいいっぱいで語り難しちうやねんな♪
と云いながらレンダ♪ランダ~♪会員疲労しちまいました・ね。(ρ_-)o
[ 2006/09/15 11:12 ] [ 編集 ]

お酒は温めの燗がいい~肴は…

あはは☆燗して呑んだんかオモタ(ニヤリ)

ほっと・ほった・ほってすと…
(^o^)ハハハ
ぶぶおくれやすぅ
今日は45度で☆
[ 2006/09/15 10:42 ] [ 編集 ]

洋子さんへ☆

すみません、何やらサーバーが混んでたのか
上手く送信されなかったので・・・。
直しておきました。
[ 2006/09/15 08:53 ] [ 編集 ]

効きすぎかい♪

コレコレ?ジムちゃん?点滴クラブの美味しい点滴効きすぎたの?(^o^)ハハハ
私の魅惑的連打狙い撃ち♪会?
↓↓↓↓
[ 2006/09/15 07:30 ] [ 編集 ]

デヴィッドさんへ☆

すげ~!アレ見てたんだ!
自慢出来ますよ!マジで!
まぁ、オイラも当時はこんなドライバーになるとは思わなかったからねぇ。
[ 2006/09/14 23:12 ] [ 編集 ]

そう言えば、その菅生戦!俺、見に行ってたな~ミハエルシューマッハー?なんて知らなかったんで、すんげ~名前だな~くらいしか思わなかった気がするな!
今思えば、もっとじっくり見ておけば良かったと悔やんでます・・・・・

これからミハエルはどうすんだろう?

金は、た~っぷりあるだろうし・・・(笑!)
[ 2006/09/14 16:41 ] [ 編集 ]

ビートニクさんへ☆

初めはフィレンツェンが一歩リードだったんですが、無断でF3000に参戦して、
クビに・・・(笑)

時の経つのは早いもので・・・(笑)
[ 2006/09/13 19:17 ] [ 編集 ]

ガットさんへ☆

大丈夫ですか?無理なさらないで、ゆるりとね。

彼のモチベーションが心配ですね。
あと3戦、勝ちにこだわってほしいです。
[ 2006/09/13 18:16 ] [ 編集 ]

yu-koさんへ☆

当時は皇帝なんてイメージは無くて、ドイツの若者(笑)でした。
「未完の大器」の予感は有りましたけど、こんなになるとはね!
長生きはするもんだ(爆)
[ 2006/09/13 18:13 ] [ 編集 ]

カンジさんへ☆

テレビでも言ってましたが、アグやんは「俺は引退してないから!」と。(笑)

ある日本のベテランドライバーが、引退後に
「五体満足に終われた事が幸せだ」と。
多くの仲間が亡くなった、それでも走ってきた。
だからこそ、無事に終われた事に感謝したいと。
[ 2006/09/13 12:23 ] [ 編集 ]

スーパー1さんへ☆

え?覚えてない?
ホラ、あの人・・・、
あれ?誰だっけ?
(爆)

栗・・・アワワ( ̄∇ ̄;)
[ 2006/09/13 12:17 ] [ 編集 ]

こめろんぐさんへ☆

ミハシューを語るなら、メルセデス・ジュニア三羽烏(笑)は外せませんよね。
速いけど、ヤンチャ。そんな感じでした。
マカオ?本人談ではブレーキミスだと・・・(爆)
どっちかと言うと、それよりクライング・フィン(爆)伝説の始まりでしたから。
(核爆)
[ 2006/09/13 12:14 ] [ 編集 ]

3人の中では

確か、F1に乗るまでの評価はどちらかと言えば低かったんですよね。
オイラはF1ばっかですから、ジョーダンからの彼しか見ていないですけど。好き嫌いを超えて、偉大なドライバーなのは間違いないですね。
ジョーダンチームの(成績じゃなくて(^_^;)存在は当時、今のSuperAguriF1Teamみたいだったのを思い出します。
[ 2006/09/13 06:36 ] [ 編集 ]

皇帝

こんばんは。お久しぶりです。
何とか起きれるくらいまでになりました。

私は、たった2年ちょいしかシューミーの走りはしらないけれど、
これから先、“皇帝”と言われ結果を示せる人はいないだろうし、
今後も出てこないだろうと思わせる人なんだろうな、とずっと思ってました。
どこかで聞きました。
引退を表明したあと、何かしらあると。。。
無事に残り3戦を走りきってほしいです。
[ 2006/09/13 02:28 ] [ 編集 ]

昔から

F1を見てる方の記事を読むといつも思いますが
本当に羨ましい。ミハエルのかちかち山なんて
今後、一生見れないですよ!笑)
あたしなんて、たったの5年しか見れなかった…

ジムさんの仰る通り、接触は両方が悪いですよね~
良いドライバーなら避けられると思います。
[ 2006/09/13 00:21 ] [ 編集 ]

まー潮時だろうね。

オイラもはっきり言って苦手なタイプ(爆)
でも、きっと辞めてからの方が好きになりそう。(笑)

残り3戦、お願いだから
無事に走り終えてもらいたいと思ってます。
集中力をキープして、事故のないようにしてもらいたい。

でもね、誰かがいっていたけど
F1ドライバーとして、きちんと引退宣言とともに辞められるって最高に幸せなのかもね。
チャンピオン経験者でも、ジャックとか…アワワ!(汗
[ 2006/09/13 00:17 ] [ 編集 ]

今回の

勝利で90勝目ですよね。

なんだかんだ言ってもこの人凄いですよ。

プロストが50勝した時はラウダとクラークを足した勝利数か!スゲーって思ったんですが。

ミハエルはあと2勝でそのプロストとセナを足した勝利数ですもんね。


赤牛を去る人?

デビクルは去らないし。

誰?
すでに記憶にございません。
(^。^;)ワラ!
[ 2006/09/12 23:23 ] [ 編集 ]

やっぱ。

出ましたね。ベンツ3兄弟。あのころは、ベンドリンガーの方が速かったですよね。
でも、マカオでのミカ・ハッキネンとのバトル。そういえば、あん時もぶつけて勝ったんでしたっけ(爆)
っていうか、ジムさん的にはミハエルの今年のタイトルは確定?
[ 2006/09/12 22:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gymkaniann.blog46.fc2.com/tb.php/116-045fa659


F1イタリアGP、そしてミハエル引退…

F1イタリアGPが9月10日の日曜日に行われました。 我らが期待のスーパーアグリの佐藤琢磨は、予選でも振るわず、決勝も自分の車がハイドロ(油圧系)トラブルにより使えず、Tカーを選択。ピットスタートとなりました。 結果は16位完走。マシンのバランスの
[2006/09/12 23:01] URL この際、言いたい放題=別冊版

★イタリアンな結末。★

F12006シーズン。ヨーロッパ最終ラウンドが終了しました。残りは、チャイナ!、鈴鹿(日本)!、ブラジル!の3戦日に日に深まり行く秋の訪れとともに寂しい季節...
[2006/09/13 00:07] URL カンジのあなた!(H氏公認)

☆イタリアGP決勝結果☆

本人の口から聞いてしまいテンションオチまくりです殮 レースもしっかり見ていたハズなのに、何を書いていいやら… スタートで出遅れたミハエルは3番手ニックに抜かれるもすぐに抜き返す。 アロンソは相変わらず良いスタートでポジションアップ。 スタートでミハ
[2006/09/13 00:17] URL I Love Formula-One










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。