スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダ・マッタは黙らない。 

アメリカのトップフォーミュラだったCART(現チャンプカー)
のチャンピオン(トヨタエンジン)で、その功績で
トヨタからF1にデビューしたものの、
当時の、オタンコナスな車に翻弄され、しかもそれを
ドライバーのせいにされてF1から追い出された彼。
その後、F1に辟易しチャンプカーに身を置いた彼は
そこでトップドライバーへと返り咲こうとしていた。


彼の名は、クリスチアーノ・ダ・マッタ


このネタは敢えてエントリしませんでしたが
彼が快方へと向かっているとの報を得たので書きます。


8月3日、アメリカのコース“ロード・アメリカ”でその日は
テストが行われていた。
ダ・マッタの走行中に、コース外から迷い込んだ鹿がコース内に。
有ろう事か、彼のマシンと鹿が激突!!
ダ・マッタは頭部に重症を負い、意識不明に。
即座に、メディカルセンターに搬送された彼は硬膜下出血
と診断された。

最悪の事態も予想されたものの、医師団の懸命の治療により快方へ。

治療の為に、人工的に昏睡状態に置かれ、
その後、硬膜下の出血は収まり、徐々に昏睡状態も解かれて、
ICUからも出された。

そして、ここ数日で急速に回復が進み、
現在は二カ国後(ポルトガル・英語)で話す事も出来、
若干の補助が有れば歩行も出来ると言う。

チャンプカーのメディカルディレクターは
「クリスチアーノはここ数日で素晴らしい回復を見せた。
まだ多少の混乱は有るが、英語とポルトガル語両方で会話も出切る。
短時間ながら、最小限の補助で歩行練習も始めた。
来週にはリハビリテーションの環境に移す準備が出来ると期待している。」




取り敢えず、一安心かな。
本人が一番頑張ってる。だからこんな時に「頑張れ!」なんて
言えません。

だから、

黙るな!!ダ・マッタ!!


スポンサーサイト
[ 2006/09/01 17:47 ] 海外レース | TB(0) | CM(13)

スラさんへ☆

オイラも蛙を引いた(踏みつけた)事有ります。(しかも大量に)
タイヤからプチプチと・・・(;¬_¬)


長谷見さんそんな事言ってましたね。
大事な事だと思います。
ダ・マッタには必ず復帰してほしいと願います。
[ 2006/09/04 13:37 ] [ 編集 ]

考える葦さんへ☆

鹿にはお気の毒ですが(汗)、ダ・マッタが第一線に復帰出来そうなので、
ホッとしてます。
考える葦さんの地元北海道(小樽)で、彼の雄志が観られたら良いですね!
いよいよ、市街地レース開催の目処が立ったみたいです。
[ 2006/09/04 13:29 ] [ 編集 ]

yu-koさんへ☆

少し時間は掛るかも知れませんが、必ず戻るでしょう!
その日を楽しみにしてます。
[ 2006/09/04 13:23 ] [ 編集 ]

そういえば長谷見さんが引退する時「五体満足でキャリアを終えられて本当によかった」と語ったのが印象に残ってます。本当に全てのドライバーにこの言葉を言ってもらいたい…。
[ 2006/09/03 22:12 ] [ 編集 ]

ザナルディ、ナニーニ、ベンドリンガー、道上…みんな死線をさ迷いつつもレースの世界に戻ってきました。
ダマッタもいつの日か戻ってくるでしょう。
しかし鹿にぶつかるとは運が悪いとしか言えないですよね。
ラリーだとブラインドコーナーの先に牛がいた!なんてよくある話みたいですが…。
ちなみに国内でも蛇、蛙、亀あたりが犠牲になる事はたまにあります。
そういえば富士でもランオフを兎が駆け抜けたのを見た事あります。
[ 2006/09/03 20:42 ] [ 編集 ]

次は…

いつ復帰できるかですね!レース中の事故なら本人も覚悟の上でしょうが(あってはならない事ですが…)、鹿にぶつかってなんて納得いかないでしょうね。きっと彼なら不屈の闘志で早いうちにカムバックしてくれると思います!
[ 2006/09/03 12:38 ] [ 編集 ]

良かった!

ダ・マッタが意識を取り戻したようで…
本当に良かったです。

彼の復帰レース、見たいですね!
[ 2006/09/03 12:24 ] [ 編集 ]

カンジさんへ☆

きっと戻れますよ、彼なら。
(。°ー°)Ь
[ 2006/09/02 23:26 ] [ 編集 ]

デヴィッドさんへ☆

2メートル強のフェンス・・・飛び越えたか、穴が開いてたか・・・。
鹿さんの御冥福を祈ります。
ダ・マッタはカンバックしますよ、きっと。
[ 2006/09/02 23:24 ] [ 編集 ]

そしてまた

コックピットに納まるのでしょうね!(o^-')b
[ 2006/09/02 20:43 ] [ 編集 ]

良かったっす!

いや~奇跡的な回復のようですね~良かった良かった!まあ完璧にはならないんだろうけど・・・
レース場って田舎にあるのが普通だけど、鹿?
フェンス壊れてたんかいな?ジャーンプ?でしょうか?その鹿君も災難だったね~
[ 2006/09/02 16:35 ] [ 編集 ]

ロシ♪さんへ☆

そう。
だから、ダ・マッタも今まで・・・ね。

まだ生きなきゃいけなかったんだよ、ダ・マッタは。
全ては必然なんだよね。
[ 2006/09/01 20:45 ] [ 編集 ]

そういう快報、快復を・・・大ちゃんの時も、必ずそうなると思ってたんですけどね・・・(・_・)


ダ・マッタ選手は存知上げないけれど、再び『生きよ』と、与えられた生命。
よかったと思います。


今日は、ハーフムーンが綺麗に見えます(*^ー^)
[ 2006/09/01 20:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gymkaniann.blog46.fc2.com/tb.php/113-f1284cc4












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。