スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハンガリーGP回顧の独り言 

今更ながら、ハンガリーを振り返ってみた。


一番の疑問は、
ミハシュー&フェラーリは何故レインで推したのか?

恐らくは、BSのドライタイヤが適応範囲を外れていたんだろう
とは思いますが、それにしたって・・・。
トッドだったか、ブラウンだったかが
「シューマッハに頼り過ぎた。」と言ったようだ。
どうせ頼るならドライに変えて、後はシューに・・・。
じゃ無かったのかな?
少なくとも、不様に抜かれる様な事は無かったかな?と。
8位よりは上には残ったろうしね。


そして、アロンソ。
理不尽な横槍ペナルティも何のその、
脅威の走りを見せたのはさすがでは有る。
あの、ピットアウト後の挙動。
ホントにナットの緩みなんでしょうか?
確かに、スピン前に車の右側から小さな部品が飛んだのは
見えましたが、
それにしてはホイール自体はしっかりしてましたよね?
何か駆動系にトラブルが有ったとしか・・・。

クビカ(クビサか)の失格の言い分(言い訳?:笑)
とこれはどうにもシックリこないね。


んで、キミ。
まぁ、不運でしたね。
リウィッツィは譲ろうとスピードを緩めた。
が、そこではやるべきじゃ無かった。
キミは避ける事が出来ず追突。
でも、直後のデラロサはしっかり避けてるんだよね。
キミは、こう言う所が治んないね。
視野が狭いんだろうね。
リウィッツィは、井出っち辺りに「正しい譲り方」を教わ(略)


それにしても、BSレインはこんなに遅かった?
ってくらいに酷かった。
以前なら、チョイ濡れはBSが速かったのにね。
BAR時代の琢磨のお陰とも言われる、最近のMIレイン
の速さ。これも、今回の要因ですかね。
BSは、ドライの性能向上に時間を割き過ぎたかな?
ま、その恩恵がここ数戦の快進撃なんだろうけど。

そいで、優勝したバトン。
一見、ツマラナイ運転をするので観てて面白みが無い。
限界まで攻める事も無いし、飛んで行く事も無い。
ただ、今回はだからこそ勝てたんですよね。
この所、ホンダの車は調子を上げて来ていた。
今回、何やらセッティングも良かった。
戦術も大当たり(だったようだ)
そんな中、このコンディション。
バトンの様な走りが生きるんですよね。
今回の表彰台の3人共、同じタイプのドライバー。
デラロサも、ニックも無理をしないタイプ。
デラロサは、日本で走ってる時からそうでしたね。
ニックは・・・・ん~あまり印象に・・・。

ただ、再三言ってますが、このタイプは車が遅いとテンでダメ。
80点の車なら80点でしか走らないですから。
車なりにしか走らないんですよね。
個人的には、好きじゃない。

でも、最後まで走りきってこそなんですよね、レースって。
ファイナルラップまで、トップでもストップしたら終わり。



そいでそいで、スーアグ&琢磨。
左近は、日本にいる時と変わんないね(笑)
速さは持ってるんだけど、しょーもないミスが多い。
本人は、全て前向きに考えてるけどね。(笑)
このままじゃ、アンタ、日本のマイケル・アンドレッティになるよ。
(爆)
「俺、何回同じ人に抜かれるんだろう・・・」
とはレース後の琢磨。
やっとこ出来た新車では有るが、多分に漏れずマイナートラブルの
オンパレード(笑)
やっと、競争が出来る!・・・
心からそう言える日は何時来る?
バトンのチェッカーの後ろに琢磨が映った時には
何とも言えないモヤモヤが・・・・。








それでも、やっぱりホンダが買った瞬間にはこみ上げる物があった。
多くの嬉しさと、少しの悔しさ。

「今回の優勝は実力じゃない。
色んな状況が旨く働いてくれた。
しかし、長く待った勝利だから
嬉しさは格別だ。
ピットワークも上手くいっていたし
タイヤ選択も当っていた。
これでチームは自信を持って次に
挑めるだろう。
次は実力で勝ってもらいたい。」



これはハンガリーを訪れていた
本田技研工業株式会社、福井威夫社長のコメント。
今回はこれに尽きますね。オイラも全くそう思う。



最後に、
君が代を聞いた感想を

「泣いちゃうね、アレ」

と、答えた中本さんに免じて素直に喜ぼうと思う。



でも、ホンダさん?
君が代は流れるが正しいのでは?
君が代は鳴るものでは無いかと・・・。

福井社長も、中本さんも「鳴る」と言っていたらしい。
スポンサーサイト
[ 2006/08/13 12:12 ] F1&琢磨 | TB(0) | CM(14)

ジムさん、インプレッサは左リアが折れまして…。
ホントにシャフト折れました(汗)3輪駆動で鈴鹿から帰ってきましたけどね。
シビック海苔の友人は1輪駆動で帰ってきた事があったとか(笑)
クビサの件、意外にジムさん案当たりかも…。
まさかワザと軽くしてましたとはいえないですからね(笑)
[ 2006/08/14 22:06 ] [ 編集 ]

ポンさんへ☆

ポンさん、オイラもね、バトンがどうだとか、そんな事関係無しに、ホンダが勝った事が嬉しかったよ。
君が代には涙が出ました。
日にちが立つに従って、色々思う事が湧いて来たんで書いてみました。
[ 2006/08/14 21:19 ] [ 編集 ]

ホンダ

ホンダ優勝・・・ほんとにうれしかった。
TVで君が代が流れたときはなんともいえない気持ちでした。
特別バトンに思い入れはないけど、バトンよくがんばりましたよ。
昨年のスパの雨の時もバトンは良かったですね。

そして左近は・・・・同じ苗字の者として、「もっとがんばれ」と言いたい。  あ。

次がんばらんとジャンクにみはなされるよ~。

[ 2006/08/14 11:26 ] [ 編集 ]

横からいいですか?

ロシ♪さんMotoGPの日本車優勝はもはや当たり前になってますが、最高峰クラスでの日本人ライダーの優勝ってそんなに多くないんですよ。

96年鈴鹿でノリックが勝つまでは3回(10年に一回位のペースで)しかなかったんです。

でもこの96年後の十年は後に続くライダーが出て来ましたから。

個人的にはF1でもこれを期待したいんです。

日本車が勝ち日本人ドライバーが勝てば流れが出来るんじゃないかと。

琢磨君にぜひ頑張ってほしいです。
[ 2006/08/14 09:44 ] [ 編集 ]

スラさんへ☆

あ、オイラ前掻きだから・・・(爆)
しかも、○ンダだし(核爆)シャフト折れは
にちじょおちゃめしごと!(笑)
ですからぁ!
前掻きはいきなり、駆動が抜けるだけでし。
クビサですが、実は入賞するとは思ってなくて、意図的に(少しだけ)軽かった?みたいな?感じなんじゃないかな。
[ 2006/08/14 09:18 ] [ 編集 ]

ロシ♪さんへ☆

まぁ、四輪の世界じゃレース外のゴタゴタがね。
そもそも、イエローですからね( ̄▽ ̄;)
パワーゲームですから。エンジンじゃなくてね。
[ 2006/08/14 09:11 ] [ 編集 ]

ジムさん、ドラシャ折りならインプレッサで経験有りなんですが今回のアロンソみたくいきなり回りそうになりましたよ、ジムさんも経験有りとは思いますが…。
確かに何か飛びましたがあれがナットならスピン時にタイヤ外れますよね。
まぁ原因が何であれシューマッハに1点縮められたのが今回の結果ですけど。
クビカの件、確かにタイヤも減れば重量減りますけど2㎏ねぇ…燃料の残量でも簡単に変わりそうだしもしタイヤ溝でもドライでもスリック状態になりますがそれで車重割ったなんて聞いた事ないですし。
ナニか隠してんじゃない?
[ 2006/08/14 09:07 ] [ 編集 ]

ん~~

F1の世界で、日本車や日本人が勝つって、なかなかない事なのですね。

MoToGPでは、メーカーの国歌というのは流れませんが、日本のメーカーが勝ってますし、ライダーも・・・・・

タイヤが二本増えると、事情も世界も違うのねん(笑)
[ 2006/08/13 23:06 ] [ 編集 ]

スーパー1さんへ☆

クビサの件、無いとは言い切れないんですけどね。
全日本ジムカーナのサポートに行った時、タイヤを削った(違反だが:笑)んです。
新品を五分山位に。削りカスを集めたら、結構な重量でした。
ただ、2Kgはどうだろ?って。
ま、良いんだけどね(爆)
[ 2006/08/13 21:34 ] [ 編集 ]

カンジ太夫さんへ☆

器・・・、そう、まさにそれ。
一皮剥けないんだよね、このタイプは。
剥ければ変わるんだろうけど・・・。

え?トヨタだったら?そりゃ、素直におめでとう!ですよ。
手はグーで震えてるけどね(爆)
悔しい方が大きいでしょうね!
[ 2006/08/13 21:28 ] [ 編集 ]

スラさんへ☆

ん~・・・やっぱり不自然だよね。
確にナットみたいなのは飛んだんだけど・・・
全くタイヤもブレてない・・・。

琢磨、複雑やっただろうね。自分が居たかも知れない場所だし。
[ 2006/08/13 21:21 ] [ 編集 ]

まずは

どんな形であれホンダが勝ち君が代が流れた。

これはうれしかったですよ。

クビサの事はジムさんも違和感感じましたか!

某箱で言いたかったけど言いませんでした。

ホンダ優勝の記念の日に場の雰囲気を濁したくなかったですから。
(^_^;)
[ 2006/08/13 17:57 ] [ 編集 ]

まさしく…

ちゃかちゃんちゃん、ちゃちゃんちゃちゃんちゃん!
ちゃかちゃんちゃん、ちゃちゃんちゃちゃんちゃん!

もーええちゅうねん。(爆)

まー、勝てない(トラブルを抱えた)マシンでも前に運べる人がチャンピオンになるよね。
もちろん、チームのバックアップ体制もしかりだけど、逆に言えば勝てないマシンを前に押し出してくれるドライバーをさらにバックアップしていくのが人情でありチームだものね。
そういった部分では、今のところ器?っての?
少ないね。(笑)
だいたいF1までくるようなドライバーであれば、だれだって、すべてがハマれば勝てるだろうに!(爆)
いままで、バトンが色々言われてきたのは勝てるチャンスをつぶしてきたからだろうね。(爆)

ジムさんの総評はまさしくじゃないでしょうか?

ただ、同じ「君が代」でもト○タだったら泣けた?(爆)

ちゃかちゃんちゃん、ちゃちゃんちゃちゃんちゃん!
ちゃかちゃんちゃん、ちゃちゃんちゃちゃんちゃん!
[ 2006/08/13 14:21 ] [ 編集 ]

ジムさん相変わらず鋭い洞察ですね。
アロンソの件、どうみても駆動が伝わってませんよね、ホイール固定のトラブルにしちゃブレてないし…。
某箱にも書きましたがアロンソはジャッキが降りる前にギアを入れタイヤを廻してます、その状態で接地すれば800馬力とタイヤの板挟みにされた駆動系は壊れますよね、そう見えましたが…。
あと琢磨ax、ホンダ優勝の瞬間を真後ろから眺めた心境はいかばかりか…。
[ 2006/08/13 13:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gymkaniann.blog46.fc2.com/tb.php/107-4a18851d












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。