スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ため息ばかりの今日この頃(トルコと富士と・・・) 

fn06.02.jpg


富士のFポンでは我等が暴れん坊将軍(笑)小暮がポール奪取!

会見では
「これまでとは違う自分をお見せしたい。」
と勇ましい発言。


fn06.04.jpg


さて決勝が楽しみだな・・・・とF1の予選に。


スーアグのSA06もようやく形になりだした。
琢磨もアワヨクバQ2に進出か?
・・・・・、なんて淡い期待も打ち砕くトラブルで最下位。
「はぁ~・・・」
フロアパネルが落ちかけ?と信じられないトラブルである。
まぁ、決勝で出なくて良かったな・・・と無理矢理納得。



明けて日曜。
富士はウェット路面。
スタートすれば乾いていく模様。
殆どの車はスリックでグリッドに。
そして、フォーメションラップに!
各車慎重に走行する中、一台のマシンがスピン!!
小暮である。
そのままマシンはストップ。
はぁ~っ・・・何も変わってへんやん!」
またまたリザルトを下から見た方が・・・・。(泣)


そして、その夜。
トルコGPが始まる。
スタートから、波乱が・・・
002t.jpg



003t.jpg




004t.jpg




005t.jpg



「はぁ~・・・何だかなぁ。」
フィジコが、アロンソとの接触を避けスピン。
お陰で後ろは蜘蛛の子状態。
キミはバースト。
トヨタは危うく同士討ち。
琢磨は後ろから追突される。

なんやかんやで6台ほどが犠牲に。

琢磨はピットで後部を修復に入る。
例え、遅れても少しでも走ってデータを取る!と。
結果16周遅れでの復帰も、周回数不足により完走ならず。


展開は赤組二台が逃げる様相。
このまま行けば、アロンソとの差も・・・・・
と思った矢先!

001t.jpg

これで有る。
「はぁ~・・・」

コース外まで滑って行けよ!と思う位に
絶妙な位置にストップ!
今回のMVPはリウッツィだね(爆)

そして、アロンソにはラッキーな
ミハシューにはアンラッキーな
セーフティカーが・・・。

その後はご存知の結果ですね。


006t.jpg


アロンソは余裕を持って抑えてましたな。


これで、残り全戦ミハシューが勝ってもアロンソは1回2位
に入れば、後は3位で十分(なはず)




絶対完走が課題の左近は・・・・・
これまた「はぁ~・・・・」
速さはあってもねぇ、自分の限界超えちゃいかんね。
まして完走を厳命されてるのに・・・。
攻めてナンボだけど、引くとこは引かないとなぁ。
去年の琢磨の様に抜きに行っての接触ならまだしも
単独じゃ、ね。





そして、先日・・・・・・・・・・
鈴鹿の来期カレンダー落ちが(ほぼ)確定。

「はぁ~~~~・・・・・・・」




スポンサーサイト
[ 2006/08/31 22:27 ] F1&琢磨 | TB(0) | CM(10)

鈴鹿が・・・ 

来期、グランプリの舞台から・・・

鈴鹿が落ちました。

・・・orz
[ 2006/08/29 18:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(17)

マスダンパーって・・・ 

まぁ、既に予想はついてましたが、禁止されましたね。


これって、そんなに新しい機構ではなくて、
シトロエンの古い車、“2CV”にも使われてたみたいです。



で、禁止理由が
「可動空力部品」と見なされたから・・・・。

確かに、車の挙動を抑制するから空力的なメリットも有るでしょう。
ただ、それってあくまでも副産物であるはずです。
本来は、不要な挙動を抑えて、タイヤのトラクションを稼ぐのが
目的であるはずですね。


事の発端は銀色チームのハゲが茶々入れたらしいですね。
「あれは規則違反だろ?」と。
でもねアンタ、アンタんトコも試してたよね?違う?
真似はしてみたけど、ロクなもんが出来なかった腹いせでしょ?
他チームも色々模索したらしいが、形になってるのはルノーだけ。
F1パドック雀の話じゃ、ハゲんトコのが特に酷かったそうな。

FIAも、ルノーから去年(一昨年?)これについての確認
(合法か否か)を求められてるはず。
今は、新技術(新兵器?)を投入する際、各チームがFIAに
確認を取るんですよね。それは他チームには知らされません。
で、合法とされると実戦投入となるんです。

なので、FIAは一旦はOKにしてるはずなんだけど・・・。


今年のタイトル争いを面白くする為に・・・
なんて言われてますが、もしそんな事が当たり前になれば
F1は只のエンターテインメントショーに成り下がる。
安物のプロレスと同レベルだ。


F1は最高レベルのモータースポーツで有り、
世界最高レベルの運営が行われて欲しい。


と、夙に思う今日この頃であります。











最後に一言。

て、言うかさ、F1では可動バラストは禁止でしたよね?
と、少し基本に返ってみる。(笑)
[ 2006/08/25 00:20 ] ジムの独り言 | TB(2) | CM(18)

速報(?)大文字(追記有りマス) 

はい、今日は大文字の送り火です。
幸いにも、自宅マンションから見られました。


DSC00857_00.jpg



見えるかな?ちょっと暗いかも?

今年も20時に点火されました。
風が強いので、少し火が揺れてましたね。
そして、10分後位(自宅からはね)に船形が見えました。
っても、上の方だけね。
DSC00863_00.jpg


この後、左大文字(マンションの影)、鳥居(方向的に無理)
妙、法(何処?:笑)と点火されてます(多分。)
京都市内でも、全部を見られる場所ってそうそう有りませんし、
2つ(1.5?)見られるだけでも良しかな?





はぁ、明日からはお仕事でし。






<ここから追記>

ちなみに、「大文字焼き」とか「大文字の山焼き」
と言われる方が多いんですが、これは間違いです。
「あんた、饅頭や無いねんから」といわれます。(笑)
送り火に関係される方々には非常に失礼ですからね。
一般人ならシャレで済みますけど、厳正な宗教行事ですから。


そもそも、この送り火。精霊を送る為の行事なんですね。
聞いた話ですが、
「大文字」の点灯する山、如意ヶ嶽の山頂には弘法大師堂
が有ります。
弘法大師と言えば真言宗=密教。

「妙」「法」と言えば南無妙法蓮華経で日蓮宗=題目。

「左大文字」山の麓は金閣寺が有ります。
金閣寺は臨済宗=禅宗。

「舟形」は・・・、え~と、円仁が乗った船が暴風雨に遭った
時、南無阿弥陀仏の徳により事無きを得た・・・。
と言う逸話から天台宗・浄土宗=念仏。

最後に、「鳥居」は神道です。


と多種の宗派の由来が有るらしいです。
(あくまでも、聞いた話ですよ)


だから、お盆に還って来てたご先祖も、
この火を見て戻って行かれるんでしょう。



あ、江戸末期辺りまでは、現在の倍「十山」だったそうです。
“蛇”とか“長刀”、“い”、“一”そして“竹(竿)に鈴”。
と言ったものが存在したらしいですが、
現在では、点灯していた場所もはっきりしないものも・・・。

明治時代に急速に近代化を目指した国家が
「祇園祭り」「大文字」等の信仰を迷信だとし、
数年間禁止されたそうです。

幸い、再開はされたものの、おりしも近代化に向かっている中
古来からの伝統が軽視され、除々に減っていき、
現在の五山となったそうです。



最後に、「大」の字の由来。
これも諸説あるようですが、
“水”“地”“風”“火”の四大の“大”と言われています。
亡くなって、四大へと戻ったご先祖の帰る所を表している、と。

他にも、人形(ひとがた)だとか、
星の形だと言う説。悪魔払いの五芳星だと。

あと、弘法大師(が始めた説有り)が護摩木を大の字に
組んでいた・・・。
とかね。



色々、想像や検証してみるのも楽しいかも知れませんね。


(お?追記の方が長いぞ:笑)

[ 2006/08/16 21:39 ] 笑うジムの生活 | TB(0) | CM(14)

ここんとこ、貯めてたネタ(京都ネタ) 

DSC00815_00.jpg





と、いきなり何時の話やねん!!(笑)
な、祇園祭り&先日の陶器市に行ったネタを。

トップ写真の様に、道の真ん中にデンッ!と鎮座する山鉾。
毎日通る者には迷惑千万!
いやいや、そんな無粋な事は申しませんよ。
(いや、マヂで。笑)
鉾の在る町・・・鉾町は年に一度の大騒ぎです。


DSC00816_00.jpg


細い通りは人手が多いと、通り抜けるのも困難です。
ホント毎年、こんな所に良く建てれるね・・・と。
(ま、露店が邪魔なのだが・・・)


巡航の様子も良いもんですが、時間が有るなら
やっぱり宵山の内に各鉾町を周るのがオツです。
ただ、山なんかは立派な飾り付けも無いのが多いけどね。
もっとも、国宝級、重要文化財なんてのがザラですから
致し方ないんだけどね。
代わりに各山鉾の横でちゃんと展示されてますから、
じっくりと御覧下さい。
各山鉾には全て御利益がありますから
お目当てのところを訪ねてみては?
縁結びとか、安産とか、色々とね。

祇園祭りって、山鉾ばかりが有名ですが、
鉾の袂では、子供達が、
「ちまき、どうですか~」「○○どうですか~」
って、汗かきながら楽しんでます。

DSC00824_00.jpg



そして、数え唄?かな?各鉾町で違うようですが、
ミンナで唄を唄ってたり。

DSC00827_00.jpg



ちなみにココは船鉾でした。
DSC00823_00.jpg




そして、祇園祭りには雨が多いんですよね。
必ず、降りますから。
実はこれには理由が有りまして・・・、
祇園祭りに雨が多いんじゃなくて、雨が多いから祇園祭りが有る

って事だったんです。

と言うのも、祇園祭りってのは、疫病が流行ったのを静める為
と言われてます。

ご存知の様に、京都の真ん中には鴨川が流れてます。
今でこそ、整備された河ですが、当時は暴れ川だったそうです。
で、そこへ大雨が来る。

川が氾濫する。

その後、衛生面が悪化し疫病が流行る。



・・・、そう言う事なんですって。
だから、祇園祭りと雨は付き物なんですね。



DSC00820_00.jpg

手前が函谷鉾、奥が月鉾。




DSC00829_00.jpg

♪~コンコンチキチンコンチキチンでし。




DSC00831_00.jpg

ここには、願かけしときました。
「何卒、鈴鹿でF1を~」って(爆)
何せ、“鈴鹿山”っすから~





そして、陶器市。
これも、毎年恒例の行事。
清水寺の膝元から、鴨川まで五条通り(国道1号)の両側に
陶器を売る露店が所狭しと並びます。
清水焼ばかりでなく、色々な陶器が並んで、観るだけでも楽しめます。

DSC00833_00.jpg


食器から置物、果ては何者?と思うものまで(笑)
お気に入りの一品を見つけるも良し、
安売りの食器を買い揃えるも良し。
値段も有って無いようなものですし(笑)

だって、8万円が
「買ってくれるなら4万で良いよ」ってねぇ。
(その4万が出ないのよ:爆)

DSC00834_00.jpg



最近は、若い陶芸家さんも多くて、中々変わった物も出てますよ。


そして、途中の神社の参堂には


DSC00837_00.jpg


金魚すくいとか、


DSC00838_00.jpg


輪投げなんて懐かしい出店まで。

下の方に見えるPSPの様な箱はPZPと(爆)
あと、DZってのも有ったぞ(爆)



と、たまってたネタを出してみましたが、
既にどちらも終了!してましたね。(笑)
来年以降の参考のなれば良いかと、ハイ。


では。

[ 2006/08/15 12:16 ] 笑うジムの生活 | TB(0) | CM(16)

ハンガリーGP回顧の独り言 

今更ながら、ハンガリーを振り返ってみた。


一番の疑問は、
ミハシュー&フェラーリは何故レインで推したのか?

恐らくは、BSのドライタイヤが適応範囲を外れていたんだろう
とは思いますが、それにしたって・・・。
トッドだったか、ブラウンだったかが
「シューマッハに頼り過ぎた。」と言ったようだ。
どうせ頼るならドライに変えて、後はシューに・・・。
じゃ無かったのかな?
少なくとも、不様に抜かれる様な事は無かったかな?と。
8位よりは上には残ったろうしね。


そして、アロンソ。
理不尽な横槍ペナルティも何のその、
脅威の走りを見せたのはさすがでは有る。
あの、ピットアウト後の挙動。
ホントにナットの緩みなんでしょうか?
確かに、スピン前に車の右側から小さな部品が飛んだのは
見えましたが、
それにしてはホイール自体はしっかりしてましたよね?
何か駆動系にトラブルが有ったとしか・・・。

クビカ(クビサか)の失格の言い分(言い訳?:笑)
とこれはどうにもシックリこないね。


んで、キミ。
まぁ、不運でしたね。
リウィッツィは譲ろうとスピードを緩めた。
が、そこではやるべきじゃ無かった。
キミは避ける事が出来ず追突。
でも、直後のデラロサはしっかり避けてるんだよね。
キミは、こう言う所が治んないね。
視野が狭いんだろうね。
リウィッツィは、井出っち辺りに「正しい譲り方」を教わ(略)


それにしても、BSレインはこんなに遅かった?
ってくらいに酷かった。
以前なら、チョイ濡れはBSが速かったのにね。
BAR時代の琢磨のお陰とも言われる、最近のMIレイン
の速さ。これも、今回の要因ですかね。
BSは、ドライの性能向上に時間を割き過ぎたかな?
ま、その恩恵がここ数戦の快進撃なんだろうけど。

そいで、優勝したバトン。
一見、ツマラナイ運転をするので観てて面白みが無い。
限界まで攻める事も無いし、飛んで行く事も無い。
ただ、今回はだからこそ勝てたんですよね。
この所、ホンダの車は調子を上げて来ていた。
今回、何やらセッティングも良かった。
戦術も大当たり(だったようだ)
そんな中、このコンディション。
バトンの様な走りが生きるんですよね。
今回の表彰台の3人共、同じタイプのドライバー。
デラロサも、ニックも無理をしないタイプ。
デラロサは、日本で走ってる時からそうでしたね。
ニックは・・・・ん~あまり印象に・・・。

ただ、再三言ってますが、このタイプは車が遅いとテンでダメ。
80点の車なら80点でしか走らないですから。
車なりにしか走らないんですよね。
個人的には、好きじゃない。

でも、最後まで走りきってこそなんですよね、レースって。
ファイナルラップまで、トップでもストップしたら終わり。



そいでそいで、スーアグ&琢磨。
左近は、日本にいる時と変わんないね(笑)
速さは持ってるんだけど、しょーもないミスが多い。
本人は、全て前向きに考えてるけどね。(笑)
このままじゃ、アンタ、日本のマイケル・アンドレッティになるよ。
(爆)
「俺、何回同じ人に抜かれるんだろう・・・」
とはレース後の琢磨。
やっとこ出来た新車では有るが、多分に漏れずマイナートラブルの
オンパレード(笑)
やっと、競争が出来る!・・・
心からそう言える日は何時来る?
バトンのチェッカーの後ろに琢磨が映った時には
何とも言えないモヤモヤが・・・・。








それでも、やっぱりホンダが買った瞬間にはこみ上げる物があった。
多くの嬉しさと、少しの悔しさ。

「今回の優勝は実力じゃない。
色んな状況が旨く働いてくれた。
しかし、長く待った勝利だから
嬉しさは格別だ。
ピットワークも上手くいっていたし
タイヤ選択も当っていた。
これでチームは自信を持って次に
挑めるだろう。
次は実力で勝ってもらいたい。」



これはハンガリーを訪れていた
本田技研工業株式会社、福井威夫社長のコメント。
今回はこれに尽きますね。オイラも全くそう思う。



最後に、
君が代を聞いた感想を

「泣いちゃうね、アレ」

と、答えた中本さんに免じて素直に喜ぼうと思う。



でも、ホンダさん?
君が代は流れるが正しいのでは?
君が代は鳴るものでは無いかと・・・。

福井社長も、中本さんも「鳴る」と言っていたらしい。
[ 2006/08/13 12:12 ] F1&琢磨 | TB(0) | CM(14)

ホンダがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 

ただいま・・・・・PCのモニターが霞んでます。

なんだかんだボロカスに言ったけど、この時を待ってた。
F-1のパドックに“君が代”が流れるなんて、
感無量だよ!!!!


やっと、やっと、
ホンダが勝った!!!!!!!!!!!!!!!
形はどう有れ、勝ちは勝ち。

ホンダ党、ホンダ馬鹿、ホンダ基地外(笑)を自認するオイラ。
もう、感激で今夜は眠れないかも!
頑張って起きてた甲斐があったよ!

和田さん、中本さん、ありがとう!
スタッフの皆さん、ありがとう!
そして・・・・・・・
バトンにも、最大級のありがとう!!!!!!


hun001.jpg

(F1Racingさんより)


ホントに、
ホントに、

ものすごありがとう!!




[ 2006/08/07 01:49 ] F1&琢磨 | TB(3) | CM(22)

“ものすご走れ!”(F1ハンガリーGP) 

いや~!やっとこPCが接続完了!!


それはさて置き・・・

F1ハンガリーGPのスーパーアグリのピットに
ダウンタウンの浜田が応援に駆け付けたそうだ。
ジャンクスポーツの絡みでしょうね。

で、現地では、アグやん、琢磨、左近の3人に
メッセージ入りの“浜ちゃん人形”を手渡したと。

琢磨、左近には

「ものすご走れ!」


アグやんには、

「ものすご?集めろ!」


集めろ!って・・・・・銭?(爆)


今回も、予選はほぼ低位置。
決勝はどうなる?
アロンソが金曜にペナルティ食らって二秒加算。
これで、またまた覇権争いが面白く・・・・・・
と、思ったら、土曜にミハシューまで・・・。




それは兎も角!

琢磨、「ものすご走れ!!」

[ 2006/08/06 18:23 ] F1&琢磨 | TB(0) | CM(6)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。